国際送金サービスWise、Remitlyがロシアでの送金事業を一時停止

  • URLをコピーしました!

ウクライナ侵攻に伴うロシアへの新たな制裁措置が週末に実施されたことを受け、越境決済企業のWiseと送金処理業者のレミトリーは、ロシアでの送金サービスを一時停止しています。

ロンドンに本拠を置くWiseの広報担当者は、状況を引き続き監視し、”これらの措置を常に検討する “と述べました。

Wiseは、以前Wiseとして知られていた金融技術企業で、国際送金に伝統的に関連する高い手数料を回避するために、人気のある通貨ルートの国に残高を保持しています。

先週、Wiseはロシアへの1日の送金を200英ポンド(268.34ドル)に制限した。同社の広報担当者は当時、”できるだけ多くの人にサービスを提供できるようにするため “に制限を設けたと述べていました。

土曜日、アメリカとその同盟国は、ロシアの中央銀行に対して行動を起こし、同国の銀行のいくつかを国際決済システムSWIFTから締め出すと発表し、専門家は西側のモスクワに対する制裁を大幅にエスカレートさせたと見ています。

広報担当者によると、Wiseはこれらの新たな規制の結果、ロシアへの送金をすべて停止したという。レミトリーの別の広報担当者は、レミトリーも新たな制裁のため、ロシアへの送金のサポートを停止したことを確認しました。

Wiseは、ウクライナでのサービス運用が難しくなっているとして、ウクライナへの送金にも上限を設けた。

同社はブログで、この上限をできるだけ早く撤廃する予定であるとし、ウクライナへの50万ポンド以上の個人向け送金の手数料を免除したと述べた。”緊急のニーズがある顧客を支援するため “である。

ロシアはウクライナでの行動を “特別作戦 “と呼んでいる。

($1 = 0.7453 ポンド)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次