韓国での(Transfer)Wise利用ガイド

  • URLをコピーしました!

シンガポールのクレジットカードは、海外で使うと2倍のマイルがもらえるので、ここ数年、旅行で使っています。

クレジットカードがより良い報酬を提供できるのは、各通貨の会話にかかる変換手数料のためであることを私はほとんど知りませんでした。その上、MastercardやVisaといったカードのブランドによって支配される、あまり理想的でない変換レートを得ているのです。

そこで、YouTripやWiseのようなカードの出番となる。残念ながら、YouTripは韓国ウォンをサポートしていませんので、Wiseを使用する主な理由はそこにあります。YouTripカードは韓国で使用できますが、Mastercardの換算レートを使用します。

使い方は?

Wiseの使い方は極めてシンプルです。アカウントを取得し、Wiseカードを取得し、お金を預けて使う。

ここで少し注意したいのは、Wiseカードは発行にお金がかかるということです。日本での発行には1,200円かかりました。

あとは、通常のクレジットカードと同じように使うだけです。現金が必要な場合は、旅行先のATMで引き出せばいいだけです。

ある通貨で使ってそれがなくなると、他の口座(例:SGD)から通貨を自動変換して取引を処理するのです。

なぜWiseなのか?

最低料金

さて、Wiseは手数料無料ではありません。彼らは、各通貨の交換に変換手数料を請求し、スポットレート(Googleを使って通貨を変換するときに得られるレートです)を提供します。

一例を見てみましょう。

2022年6月19日、200SGDをKRWに交換しました。手数料は1.21SGDで、184,574KRWを手に入れました。

Mastercardのカレントコンバータを使うと、変換手数料を除いて185,869.90KRWになります。変換レートは実際にはもっと良いのですが、取引の正確な時間に基づいておらず、おそらくその日の最高のレートを使用したのでしょう。さらに、もし私がシティバンクのプレミアマイルカードのようなものを使った場合、3.25%の手数料が上乗せされる。

というわけで、これらを全部足すと、Wiseの184,574KRWに対して179,829KRWを手に入れることができたことになる。つまり、SGDからKRWへの200ドル換算で約4745KRWの損失です。

さらに、カードが発行された場所に応じた限度額で、ATMでの引き出しが無料になります。私のは日本で発行されたので、月2回3万円までの限度額です。

支出を記録する

クレジットカードによってはアプリで提供しているものもあると思いますが、お断りしたものも含め、すべての取引をWiseアプリで確認できるのは素晴らしいことです。

Wiseは韓国で通用するのか?

はい、ただし、いくつか注意点があります。

SGDをKRWに変換した後、そこからは順風満帆に進むと思った。しかし、なかなかうまくいかなかった。

ATMは手数料がかかる

Wiseでは限度額内であれば手数料はかからなかったが、韓国の銀行ではアクセスフィーと呼ばれる手数料を取られる。新韓銀行のATMで28万ウォンを引き出すのに3,600ウォンの手数料を取られた。済州島では、KB国民銀行のATMで3,500ウォンの手数料を取られた。

この手数料はその都度表示されるので、納得できない場合は受け取らないという選択も可能です。市内のATMではこの手数料がないところもあるらしいが、私はまだ見つけたことがない。

さらに、初めて利用する場合は、ATMで引き出すことが唯一の有効化方法となる。暗証番号を使用する実店舗での取引も同様にアクティベートされますが、韓国の店舗では、クレジットカードを使用する際に暗証番号を要求されることはありません。

常に動作するわけではありません

残念ながら、使い勝手は100%ではありません。ここにはいくつかの理由がある。韓国の場合、通常は「サポートしていないタイプの取引である」ため、これを解決する方法はない。

ダイソー、安東荘(韓国・中国料理の老舗)、そして済州島のオズロック茶博物館内のカフェでも使えなかった。カードは95%使えますが、やはり現金を出さなければならないのはかなり残念です。

結論

韓国で過ごすには、やはりWiseが一番安いですね。もし、もっと良い方法があれば、コメントを残していただければ、必ず比較します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次