Wiseデビットカードの口コミ評判レビューまとめ【2023年最新】

  • URLをコピーしました!

海外旅行では、為替手数料やATM引き出し手数料など、煩わしい手数料がかかります。Wiseカードがあれば、そんなおかしな手数料を気にすることなく、世界中どこでも旅行ができるのです。このカードでは、複数の通貨や国での送受信が可能です。

今回は、そんな海外送金のために作られたカード「Wiseデビットカード」を紹介します。特徴や使い勝手、メリット・デメリット、価格などをレビューしていきます。

初回送金時にこちらの紹介リンクを使うと、Wiseの初回利用時に最大75000円を手数料無料で送金することができます。

Wiseの紹介クーポンを受け取るならこちら

目次

Wiseデビットカードの口コミ評判レビュー

Wiseの目標は、高価な国際送金をなくすことです。今のところ、Wiseはマスターカードブランドを通してWiseデビットカードを提供しています。

海外旅行では、Wiseデビットカードを利用して、どの通貨でも商品やサービスの支払いが可能です。もちろん、国内でも使えますよ。

Wiseデビットカードの手数料

Wiseデビットカードを手に入れるには、Wiseのマルチカレンシーアカウントを持っている必要があります。これは、個人アカウントまたはビジネスアカウントのいずれかになります。

Wiseのマルチカレンシーアカウントは無料で開設できます。Wiseのアカウントに関連する年会費や月額費用はかかりません。

Wiseデビットカードの新規発行には、1200円の費用がかかります。Wiseのアカウントには、50通貨以上を無料で保有できます。

Wiseデビットカードを使用する際の手数料は、毎月2回・30000円までの引き出しは、手数料なしで行えます。それ以上の引き出しの場合、1回につき1.75%の手数料がかかります。

現在、Wiseデビットカードは、米国、英国、オーストラリア、ドイツ、オーストリア、ベルギー、ブラジル、ブルガリア、カナダ、クロアチア、キプロス、デンマーク、スロバキア、スロベニア、スペイン、エストニア、フィンランド、フランス(首都圏のみ)、ジブラルタル(英国の海外領土)の居住者が利用可能です。

ここで注目すべきは、Wiseカードは、Wiseアカウントをお持ちのユーザーが利用できる国際的なプリペイドカードであるということです。

Wiseデビットカードは、ATMからのお金の引き出し、飲食店での食事、オンラインショッピング・海外旅行時など様々な用途に利用できます。

初回送金時にこちらの紹介リンクを使うと、Wiseの初回利用時に最大75000円を手数料無料で送金することができます。

Wiseの紹介クーポンを受け取るならこちら

Wiseデビットカードの出金限度額

Wiseでは、無料でお金を引き出すことができます。ただし、デビットカードの発行場所によって異なります。出金限度額は、Wiseアプリ(AndroidまたはiOS)で確認できます。

例えば、日本にお住まいの方は、毎月合計2回、合計30000円まで無料で引き出せます。1ヶ月に2回以上のお引き出しはできません。制限を超えた場合は、それ以降1.75%の手数料がかかります。

この無料限度額は国によって異なり、例えば、シンガポール、ニュージーランド、オーストラリアにお住まいの方は、(無料出金の)金額上限が350SGD/NZD/AUDとなります。

米国にお住まいの方は、100ドル(USD)までの月2回の無料引き出しは同じです。100米ドル以上は、1.50米ドルの手数料に加え、2%の追加引出し手数料がかかります。

初回送金時にこちらの紹介リンクを使うと、Wiseの初回利用時に最大75000円を手数料無料で送金することができます。

Wiseの紹介クーポンを受け取るならこちら

Wiseデビットカードでの支払い方法

Wiseカードは、世界中どこでも現物商品とサービスの両方の支払いに利用することができます。ただし、一部の取引では、Wiseアプリ、SMS、または電話による確認が必要です。

Wiseデビットカードは、3Dセキュア決済も可能です。3D決済を可能にするためには、オンライン決済方法を追加する必要があります(さらなるセキュリティのため)。もちろん、Wiseデビットカードを使ってATMでお金を引き出すことも可能です。

Wiseデビットカードを紛失したらどうなる?

Wiseデビットカードの紛失・盗難時の交換には、少額の再発行手数料がかかります。Wiseでは、紛失の心配がない、バーチャル決済カードも提供しています。

バーチャル・カードを入手するには、まずはWiseアカウントを開設し、Wiseデビットカードを注文する必要があります。Wiseでは、ユーザーはいつでも最大3枚のバーチャルカードを持つことができます。

初回送金時にこちらの紹介リンクを使うと、Wiseの初回利用時に最大75000円を手数料無料で送金することができます。

Wiseの紹介クーポンを受け取るならこちら

Wiseデビットカードの仕組み

Wiseデビットカードは、通常の銀行デビットカードと変わりません。Wiseデビットカードは、商品やサービスを購入したり、ATMからお金を引き出したりするのに使用できます。利用額は、お客様のボーダーレス口座にある金額によって異なります。

口座に十分な現金がない場合、Wiseはボーダーレス口座から他の利用可能な通貨を変換します。また、口座に複数の通貨をお持ちの場合は、その時点でより良い為替レートの通貨に交換されます。

マルチカレンシー

複数の通貨で取引を行う場合、Wiseのデビットカードは銀行のデビットカードよりも優れています。Wiseは、マルチカレンシーアカウントのお金を使っても、手数料を請求しません。これは海外旅行者にとって素晴らしいことです。

カレンシーコンバーター

Wiseは、お客様の口座に存在する通貨から資金を変換します。そして、そのアルゴリズムは、最も低い変換手数料の通貨が最初に適用されるように動作します。Wiseデビットカードのおかげで、高額な為替レートとはおさらばです。

初回送金時にこちらの紹介リンクを使うと、Wiseの初回利用時に最大75000円を手数料無料で送金することができます。

Wiseの紹介クーポンを受け取るならこちら

Wiseボーダレス・アカウントの安全性

Wiseはアプリ(アンドロイドとiOSで利用可能)またはウェブサイトを使って口座のアクティビティを確認することができます。

また、Wiseデビットカードを紛失した場合、Wiseアプリを使用してワンクリックでアカウントをロックまたはロック解除することができます。

個人・法人の両方におすすめ!

Wiseデビットカードは、利用者の銀行口座とリンクしていないため、個人旅行者にも法人にも最適です。

初回送金時にこちらの紹介リンクを使うと、Wiseの初回利用時に最大75000円を手数料無料で送金することができます。

Wiseの紹介クーポンを受け取るならこちら

Wiseデビットカードと銀行デビットカードの比較

なぜ銀行のデビットカードではなく、Wiseデビットカードを使うべきなのでしょうか?

まず、Wiseデビットカードでは、複数の通貨を同時に使用することができます。銀行のデビットカードは、その機能を促進しない場合があります。

一般的に、ほとんどの銀行では、自国通貨での通貨カードをサポートしています。例えば、米国で(米国の銀行から)通貨カードを取得する場合、ほとんどの場合、米ドルの通貨カードを取得することになります。

さらに、そのようなカードは、オンライン取引や外国での取引に高い手数料がかかる。為替レートに加えて、銀行が手数料を徴収するのです。

Wiseデビットカードの場合は、このようなことはありません。ボーダーレス口座で利用可能な通貨を使ってお金を使う場合、Wiseに手数料を支払うことはありません。

また、別の通貨で支払わなければならない場合、Wiseはその時点で利用可能な最も低い換算レートを使用します。
Wiseでは、ATM出金手数料はゼロです。ただし、手数料なしで毎月引き出せる金額には上限があります。

初回送金時にこちらの紹介リンクを使うと、Wiseの初回利用時に最大75000円を手数料無料で送金することができます。

Wiseの紹介クーポンを受け取るならこちら

Wiseデビットカードの作り方

すでにWiseをご利用の方は、オンラインまたはWiseアプリでデビットカードを注文できます。Wiseのアカウントをお持ちでない場合、Wiseアカウントの作成にかかる費用は無料です。

基本的な情報を入力し、Wiseアカウントに最低1200円を追加するだけで、Wiseデビットカードを申し込むことができるようになります。Wiseカードは、世界の40以上の通貨で利用できます。

また、Wiseデビットカードは、Apple Pay、Google Pay、Samsung Payにも対応しています。それらのサービスを経由することで、より安全にオンラインショッピングが楽しめますね!

初回送金時にこちらの紹介リンクを使うと、Wiseの初回利用時に最大75000円を手数料無料で送金することができます。

Wiseの紹介クーポンを受け取るならこちら

Wiseは安全・安心!

どの銀行や金融機関でも、安全性やセキュリティは重要な要素です。Wise(旧 TransferWise)は、米国ではCommunity Federal Savings Bank(CFSB)およびWells Fargoと提携しています。これらの銀行はいずれも連邦預金保険公社(FDIC)の下で保険に加入しています。

Wiseによると、全世界で500万人以上のユーザーが同社のサービスを利用しており、毎月40億ドル以上の取引を占めているとのことです。

初回送金時にこちらの紹介リンクを使うと、Wiseの初回利用時に最大75000円を手数料無料で送金することができます。

Wiseの紹介クーポンを受け取るならこちら

Wiseのメリットとデメリット

Wiseのメリット

Wiseは隠れた取引手数料がない明確な手数料レートが一番の特徴です。

Wiseの最も優れた点の一つは、中間の市場為替レートを使用することにより、Wiseは他の銀行よりも安いのです。

世界40カ国以上の通貨で引き出しや支払いができるので、海外旅行好きの方にはWiseはおすすめです。

Wiseのデメリット

Wiseデビットカードでは、1ヶ月あたりの引き出し限度額が設定されています。アメリカドルの場合、1ヶ月あたり350ドルが限度額です。

また、デビットカードなので商品やサービスの支払いには、お客様のWiseアカウントに十分な資金があることが必要です。最後に、盗難や紛失したWiseカードの交換には、最大で3週間を要します。

初回送金時にこちらの紹介リンクを使うと、Wiseの初回利用時に最大75000円を手数料無料で送金することができます。

Wiseの紹介クーポンを受け取るならこちら

まとめ

Wiseデビットカードを使って、海外旅行時に優れたレートで気軽にATMから現金を引き落としたり、ショッピングに使ったりできます。

また、オンラインで商品やサービスを購入することができます。さらに、Wiseアプリ上でWiseバーチャルカードを作れば、ネットショッピング時に詐欺にあっても、被害を最小限に抑えることが可能です。

通常のクレジットカードと合わせて、Wiseデビットカードを1枚持っていくだけで、海外旅行における安心感が得られます。海外旅行好きはマストで持っておくべきカードといえますね!記事が参考になれば幸いです。

初回送金時にこちらの紹介リンクを使うと、Wiseの初回利用時に最大75000円を手数料無料で送金することができます。

Wiseの紹介クーポンを受け取るならこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次