Wiseデビットカードが使えない/支払いが拒否される理由まとめ

  • URLをコピーしました!

この記事では、Wise デビットカードが使えない時の解決方法について解説していきます。

目次

Wiseデビットカードが使えない!利用ができない理由

 

Wiseのデビットカードが利用拒否された場合、アクティビティリストから拒否された取引にアクセスすることで、いつでもその理由を確認することができます。

プッシュ通知や取引メールをオンにしている場合は、その場で理由も通知されます。通知は[設定]で管理できます。

カード決済が拒否される主な理由は次のとおりです。

利用限度額に達したから

お支払いの種類によって、カードのご利用に制限があります。

利用限度額の確認や増額ができます。方法は以下をご覧ください。

アプリの場合

  1. iOSをお使いの場合は[アカウント]、Androidアプリをお使いの場合は[カード]をタップします
  2. カードを管理するを選択(iOSのみ)
  3. 支払い方法を管理するを選択する
  4. アカウントの上限を選択して、利用限度額を変更または増額します。

ウェブの場合

  1. [カード]を選択する
  2. [アカウントの制限]を選択して、限度額を変更または増額する。

請求先住所に誤りがあったから

決済時にWiseデビットカードの情報を入力する場合は、Wiseアカウントに登録されている住所をご利用ください。

技術的な問題・ネット環境にトラブルがあるから

加盟店との接続に問題があった可能性があります。加盟店のウェブサイトからカード情報を削除し、ブラウザで問題を解決した後、再度取引をお試しください。

Wiseデビットカードに支払い方法が対応していないから

場合によっては、加盟店プラットフォームとWiseデビットカードとの間に非互換性があることがあります。これは、加盟店がWiseが許可していない方法で支払いを処理することを意味します。この場合、別のカードでお支払いいただく必要があります。

また、当社ではお伝えできないセキュリティ上の理由により、お取引をブロックする場合があります。この場合、別のカードでお支払いいただく必要がある場合があります。

Wiseデビットカードが使えない国で決済をしようとしたから

現在、Wiseデビットカードはすべての国でご利用いただけません。詳しくはご利用いただけない国をご確認ください。

Wiseデビットカードがフリーズしているから

iOSをお使いの場合は[アカウント]、Androidアプリをお使いの場合は[カード]をタップして凍結を解除することで、簡単に凍結を解除することができます。また、ウェブサイトでもカードの凍結を解除することができます。

Wiseデビットカードが有効になっていないから

カードは使用前に有効化する必要があります。

Wiseデビットカードを有効化する方法

米国以外で発行されたWiseデビットカードの場合

カード自体のアクティベーションは別途必要ありませんが、非接触型決済を有効にするには、PIN(個人識別番号)を使ってカード決済を行う必要があります。ICチップとPINによる決済が拒否された場合は、以下の手順でATMでカードのアクティベーションを行ってください。

  • 現金を引き出す
  • 残高の確認

なお、日本国内でカードを有効化する場合、利用できるATMは以下に限定される場合があります。

  • イオン
  • イーネット
  • ビューカード
  • デイリーヤマザキ

米国で発行されたWiseデビットカードの場合

米国で発行されたカードは、米国内でのみ有効化できます。米国にご旅行の際は、米国を離れる前に以下の方法でカードを有効化してください。

  1. Wiseアカウントにログインします。
  2. 以下を開きます。 ウェブサイトの場合は、お客様のカードを開きます。アプリをご利用の場合は、アカウントを開きます。
  3. カードを有効化するを選択します。
  4. カードに記載されている名前の下にある6桁の数字を入力する
  5. 暗証番号を選択

まとめ

この記事では、Wise デビットカードが使えない時の解決方法について解説しました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次