Wiseでオーストラリアから日本へ海外送金する方法

  • URLをコピーしました!

この記事では、Wiseでオーストラリアから日本へ海外送金する方法について解説していきます。

目次

Wise口座を新規会員登録する方法

まだWiseのアカウントを作成していない場合は、まずは会員登録をする必要があります。

Wise口座を新規会員登録する方法については、以下の記事をご覧ください。

海外送金の教科書
Wise口座の新規会員登録方法を解説 | 海外送金の教科書 この記事では、Wise口座の新規会員登録方法について解説していきます。 Wise口座を新規会員登録する方法 Wiseの新規会員登録方法について、順番に解説していきます。 Wise...

Wiseでオーストラリアから日本へ送金する方法

外貨から日本へのマルチカレンシー口座に送金する方法

Wiseのアカウントにログインする

Wiseのアカウントにログインします。

ホームの(Account)]から(open account)を選択して自分が送金したい外貨を選択する

ここではAUD(オーストラリアドル)を使用しています。

口座が追加されたら、相当する口座に移動して(Add)をクリックする

アカウントに入金される(日本に送金される)金額を入力する

国際送金をする理由を選択する

口座への入金方法を選択する

支払い方法によって手数料が少しかかる場合もあります。

入金完了後、日本へ送金する外貨の口座に戻り、(Send) をクリックする

[国際送金]に切り替え、送金先を日本円で選択します。送金金額を指定し、次のステップに進む

送金先として登録した日本の口座を選択する

送金先として登録した日本の口座を選択します。登録した口座以外への送金もできます。

送金理由を選択し、最後に入力した内容を確認すると送金が完了します

送金理由を選択し、最後に入力した内容を確認すると送金が完了します。(この時、SMSなどで認証コードの入力が求められます)。

送金する外貨によっては本人確認が不要な場合もありますが、日本円の場合は必ず本人確認が必要なので、送金の予定がない場合でも早めに申し込んでおくとスムーズに進みます。

Wiseは少額でも手数料がかかるので、まずはテスト送金として少額を送金し、問題なく送金できることを確認した上で、多めの金額を送金することをおすすめします。

オーストラリアから日本への送金の一般的な理由

オーストラリアには10万人以上の日本人が住んでおり、日本には約1万人のオーストラリア人駐在員コミュニティがあるため、両国は個人的にもビジネス的にも多くの結びつきがあります。家族の経済的な支援やビジネスのために、オーストラリアから日本へ資金を移動させる人もいます。

オーストラリアから日本への送金の大部分は、個人から家族への送金です。また、海外での教育費や、海外に住む家族への経済的支援として送金されるケースもあります。

また、日本への移住もよくある理由です。また、オーストラリアに住んでいる人がビジネス目的で送金することもあります。最も一般的な理由は、以下の通りです。

  • フリーランサーへの支払い
  • 仕入先・下請け先への支払い
  • 海外従業員への支払い
  • 電子商取引事業
  • 不動産への投資
  • チャリティーの寄付

ビジネスと個人的な目的での送金

オーストラリアから日本への送金は、送金サービスを利用して簡単に行うことができますが、送金前に知っておくべき法律や税金がいくつかあります。

個人や法人の送金者は、送金額に制限はありませんが、200万円(約23,850ドル)以上の送金をする場合は、本人確認書類(パスポート、国民IDカード、運転免許証)の提出が必要です。

また、日本の外国為替及び外国貿易法では、銀行や金融機関は3,000万円(約357,755ドル)以上の送金ごとに報告書を提出することが義務付けられています。

親から子へ、あるいは友人や親族間の資金移動は、日本では贈与とみなされます。ただし、60歳以上の直系尊属から20歳以上の直系卑属への贈与は、年間110万円以下であれば贈与税が非課税となります。

この場合、合計2,500万円までの贈与は贈与税が非課税になります。それ以外の贈与については、基準額を超える部分に対して20%の税金が課されます。

また、日本の居住者が海外で得た利益を日本に送金した場合、所得税を支払わなければなりません。事業利益、キャピタルゲイン、配当、海外資産の保有・運用による所得、給与・年金、利益の分配などが含まれます。

オーストラリアから日本への送金限度額はいくら?

オーストラリアから日本への送金には、法律上、金額の制限はありません。ただし、銀行や送金サービスによっては、送金額に制限がある場合があります。

銀行によって、海外送金の既定の限度額は0ドルから1万ドルまで様々です。ほとんどの銀行では、平均5,000ドルとなっており、通常、支店でこの限度額を増やすことができます。ただし、既定の限度額を超える送金には、支店での承認が必要な場合があります。

ビジネス・アカウントでは、より高い限度額が設定されていますが、それでもお客様のビジネスニーズには低すぎるかもしれません。一般的には、5万ドルから10万ドルの間で設定されます。これ以上の金額を送金することも可能ですが、限度額を上げるには銀行に連絡する必要があります。

送金サービスでは、より大きな金額を送金することができ、ほとんどのオプションは銀行と比較して手数料が低くなっています。ただし、送金額の何割かを手数料として徴収するサービスは、大金を送金する場合には割高になることがあります。

銀行を利用した場合、オーストラリアから日本への海外送金手数料はいくら?

国際送金手数料は、銀行によって、また選択する送金方法(インターネットバンキングまたは支店)によって異なります。インターネットバンキングの手数料は一般的に安価ですが、それでも送金サービスの手数料に比べると割高です。1回の送金につき、6ドルから10ドル程度を見込んでください(それ以上の場合もあります)。

ほとんどの銀行では、支店で行う送金の場合、25ドルから35ドルの手数料がかかります。多くの送金サービスが銀行間為替レートに適用される通貨換算マージンを請求するだけであることを考えると、これらの手数料は非常に高いものです。

固定手数料に加えて、換算レートも考慮する必要があります。一般的に、銀行は送金サービスよりも高いマージンが適用されます。

まとめ

この記事では、Wiseでオーストラリアから日本への海外送金する方法について解説しました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次