Wiseは安全?合法的に使える?安全性について解説!

  • URLをコピーしました!

Wiseでの海外との送金・受取りはとても安全に利用することができます。 Wise(旧社名:TransferWise)は、世界中の数百万人の顧客と送受信ができる送金サービスです。

市場実勢に近い為替レートを透明性の高い料金体系で提供します。世界中のほとんどの国の銀行口座から送金・受取りが可能です。ボーダーレス口座、マルチカレンシー口座での送金は安全です。

Wiseが安全なポイント

  • 世界各国で規制されている
  • ログイン時の暗号化、2FAの利用
  • 送金にパスワードが必要
  • 法律により、彼らはあなたのお金を「保護」する必要があります。
  • カード決済に3DSを利用する
  • 社内セキュリティチームによる不正監視
目次

Wise(旧 TransferWise)は安全に使用できる?

はい、可能です。

Wiseは毎月50億ドルを送金しています。大手銀行と同じように、不正行為から顧客を守っているのです。

米国ではFinCEN(金融犯罪取締ネットワーク)の規制を受け、毎年登録を更新しています。株式会社WiseはFinCEN(金融犯罪取締ネットワーク)に登録されています。マネー・トランスミッターとしての各州の免許の詳細については、 ここをクリックしてください。また、各州の規制当局の監督を受けています。

法律により、Wiseはあなたのお金を「保護」する必要があります。つまり、ビジネス用の銀行口座とは別の銀行口座にあなたのお金を保管する必要があるのです。銀行口座は、JPモルガンチェース、バークレイズ、ドイツ銀行などの一流銀行を使用しています。万が一、Wiseが財政難に陥った場合でも、お客様の送金は安全に行われます。

Wiseの安全性は?

とても安全です。

Wiseは銀行レベルのセキュリティを提供し、独自の社内詐欺およびサポートチームを雇用しています。不正行為やログインから、お客様のお金とデータを確実に保護します。

HTTPS暗号化および2FA(二要素認証)を使用して、お客様の取引を保護します。2FAはログインするたびに必要で、送金のたびに、Wiseはテキストメッセージ、指紋、顔認証で本人であることを確認するよう求めます。

これらの国々で規制され、世界中で認可されています。

北半球

ベルギーおよび欧州経済地域(EEA) – ベルギー国立銀行(NBB)により認可された決済機関で、EEA全域でのパスポート権を有しています。

カナダ– Financial Transactions and Reports Analysis Centre of Canada (FINTRAC) にマネーサービスビジネス(MSB)として登録されており、登録番号は M15193392 です。また、Authorité des Marchés Financiers (AMF)のライセンス番号902804でMSBライセンスを取得しています。

香港– 香港の税関局(CCE)の規制下にあり、マネーサービスオペレーター(MSO)として認可されており、ライセンス番号は15-01-01584です。

インド– FED Master Direction No.19 2015/2016でRBIが定めたガイドラインに基づき、インドからの対外送金を促進するためにインド準備銀行(RBI)に承認されました。

日本– 関東財務局の監督下にあり(登録番号:00040)、資金移動業者としての免許を取得しています。

マレーシア– 2011年マネーサービス事業法に基づき、送金事業者として規制されています。

シンガポール– シンガポール通貨庁(以下「MAS」)から、決済サービス法2019(PSA)に基づき、主要決済機関として認可を受けています。

英国および欧州経済領域(EEA) – 英国金融行動監視機構より電子マネー機関(EMI)として認可(登録番号900507)され、EEA全域でのパスポート権を有する。

アラブ首長国連邦– アブダビ・グローバル・マーケット(ADGM)金融サービス規制当局(FSRA)により規制されています。

南半球

オーストラリア– オーストラリア証券投資委員会(ASIC)の規制下にあり、送金業者として金融情報機構(AUSTRAC)に登録されています。当社のASICライセンス番号は456295で、AUSTRAC登録番号は168331191です。

インドネシア– 英国金融行動監視機構より電子マネー機関(EMI)として認可(登録番号900507)、EEA全域でのパスポート権を持つ。

ニュージーランド– 外国法人として運営され、内務省(DIA)により監督されています。

Wiseの送金は安全ですか?

Wiseは、国際的な支払いを行うのに最も安全なプロバイダーです。米国FINCENに登録されているだけでなく、Wiseはお客様の資金を保護し、 支払いを安全に行うための様々なセキュリティ対策を行っています。

Wiseはお金を預かっても大丈夫ですか?

Wiseの口座に資金を預けるのは安全です。お客様がWiseの口座に資金を入金されると、その資金は常に大手金融機関で保護されます。つまり、お客様のWise口座の残高は安全で、常にWise自身のお金とは完全に分けて保有されています。

Wiseは貯金しても大丈夫ですか?

Wiseの口座にある資金は、Wise自身の運転資金から切り離されて保護されています。つまり、万が一Wiseが経営難に陥った場合でも、お客様の資金は保護されます。ただし、Wiseの口座は有利子ではありませんので、特にそれをお望みであれば、他のプロバイダーでより適したものが見つかるかもしれません。

Wiseのビジネスアカウントは安全ですか?

Wiseのビジネスアカウント は、安心してご利用いただけます。 Wiseのビジネスアカウントも個人アカウントと同じ規定で管理され、資金は完全に保護され、お客様のセキュリティに配慮しています。

Wiseのビジネス口座と従来の銀行のビジネス口座の主な違いは、コストだと思われます。Wiseは、市場中値の為替レートと低く透明な手数料で国際送金や通貨変換を提供しており、通常の銀行を利用するよりも安く済ませることができます。

Wiseが収集する個人情報は何ですか?

Wiseは、お客様から個人データを収集します。これには、お客様が提供した情報、およびお客様のIPアドレスやWiseのサービスの使用方法など、お客様から収集した情報が含まれる場合があります。また、Wiseは、アカウント確認プロセスに役立てるためなどに、第三者から情報を収集することがあります。

お客様は、アカウント内のマーケティング設定を変更するか、カスタマーサービスチームにメールを送ることにより、マーケティング目的でWiseに連絡しないよう依頼することができます。

Wiseは、お客様に関する一部の情報を保持することを法律で義務付けられている場合があります。データの保持期間は、特定の情報および適用される法律により異なります。しかし、Wiseは、実用上または法律上の目的に必要な期間を超えて、お客様データを保持することはありません。

データ・セキュリティ – デビットカードやクレジットカードの情報はどうなるのでしょうか?

3Dセキュア(3DS) テクノロジーは、お客様のWiseデビットカードで行われるオンライン決済のセキュリティを強化 するものです。カード情報を入力すると、パスワードまたはコードを入力して支払いを承認するよう指示されます。これは、不正行為を防止し、承認されたユーザーによってのみ取引が行われていることを確認するためのものです。

お客様やお客様のデータを保護することは、Wiseにとって重要なことであり、法律で要求されない限り、お客様のデータを第三者と共有することはありません。Wiseは法律でお客様のデータの保管を義務付けられていますが、お客様の個人情報を販売することは決してありません。

銀行口座とWiseを連携させても大丈夫ですか?

はい。つまり、お客様の個人および財務情報は、最先端のテクノロジーと、詐欺や犯罪行為を発見し阻止するための自動および手動プロセスによって保護されています。

Wiseは大量に使っても大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。

世界中の規制を受け、ログインには暗号化と2FAを使用し、送金にはパスワードを使用し、法律によりあなたのお金を「保護」しなければならず、カード決済には3DSを使用し、不正行為を監視しあなたのお金とデータを安全に保つために独自の社内セキュリティチームを雇用しているのです。

Wiseの場合、送信制限はあります。

  • 個人口座および法人口座の場合、1回の送金につき100万USドル
  • 銀行引き落とし(ACH)で1日15,000米ドル – 限度は午後11時59分(UTC)にリセットされます。
  • デビットカードまたはクレジットカードを使用して、24時間あたり2,000米ドル、7日間あたり8,000米ドルを支払います。

Wiseの場合、受信制限は

  • 個人口座の限度額1回あたりの送金限度額(および1日あたりの送金限度額):250,000ドル、年間送金限度額:1,000,000ドル
  • ビジネスアカウントの限度額1回の送金限度額 – 3,000,000ドル、年間限度額 – 5,000,000ドル

Wiseアカウントは保険に加入していますか?

Wiseは銀行ではないため、一部の銀行預金のように預金に保険がかけられているわけではありません。しかし、Wiseは金融サービス・プロバイダーとして規制されており、世界中の多くの地域でマネー・トランスミッターとして認可されています。

つまり、Wiseは世界中の規制当局によって施行されている厳格な保護ガイドラインに従い、お客様とその資金の安全を確保しているのです。

WiseはPayPalより優れていますか?

セキュリティについては、ほぼ互角です。Wiseはペイパルより偽メールを受け取ることが少ないので、より安全です。PayPalのお客様は、ログインを要求する偽メールを何度も受け取ります。

コスト面では、200ドル以下の送金ではWiseとPayPalは互角だが、200ドルを超える送金ではWiseの方が安い傾向がある。

また、Wiseは世界中の銀行口座に送金することができますが、PayPalは海外からの送金を受け取るためにPayPalのアカウントを保有する必要があります。

TrustPilotによるカスタマーレビュー

Wiseは、TrustPilotで10万件以上のカスタマーレビューを獲得しており、これは素晴らしいことです。さらに、94%がその体験を「素晴らしい」または「最高」と評価しています。また、Trustpilotの 評価も4.7/5と非常に高い。

“Wiseには、試行錯誤を重ねた、明確でシンプルで分かりやすいプロセスがあり、おそらく他に類を見ないほど、顧客・消費者に有利なものとなっています。”

「やや悪い」または「悪い」と評価しているのはわずか5%で、ほとんどの場合、Wiseがオンラインで連絡を取り、コンタクトをとっています。

まとめ

Wiseは安全な外貨両替海外送金業者であり、便利なサービスと総合的な送金手数料の安さで人気があります。

Wiseは、徹底した口座確認、口座やカード利用時の2要素認証、 24時間365日の不正防止管理など 、お客様のお金を安全に守るための機能を数多く備えています。

Wiseは、米国の銀行や他のほとんどの金融サービスプロバイダーと同様に、FINCENに登録され、サービスが提供される場所で世界の規制機関によって規制されています。

Wiseに関するよくある質問

Wiseは、口座サービスや国際送金を安全に提供するプロバイダーです。お客様の資金は保護され、口座は徹底した確認プロセスと不正防止技術によって保護されています。

Wiseの送金は安全ですか?

はい。Wiseは、徹底した口座確認や2要素認証プロセスなど、海外送金の際にお客様の資金が安全であることを確認するための強固なプロセスを導入しています。また、Wiseは、米国のFinCEN、英国のFCA、オーストラリアのASICを含む世界中の規制機関によって認可され、規制されています。

Wiseアプリは安全ですか?

Wiseのアプリは安全です。多言語で利用でき、Apple App Storeでは数千のレビューから5点満点中4.6点を獲得しています。また、Google Playでは5点満点中4.2点を獲得しています。

Wiseに私の社会保障番号を教えても大丈夫ですか?

Wiseは、グローバルに承認されたベストプラクティスに沿って、お客様のすべての機密個人情報および財務情報を保護します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次