国際送金サービス『Wise』のメリット・デメリットまとめ

  • URLをコピーしました!

この記事では、Wiseのメリット・デメリットについて解説していきます。

あわせて読みたい
国際送金サービス『Wise』とは?サービスの特徴まとめ この記事では、Wiseとは何か・Wiseの特徴について解説します。 【Wiseとは?】 最近Wiseに社名変更したTransferWiseは、基本的にオンライン口座で、海外送金や他の通貨...
あわせて読みたい
Wiseはなぜ安い?Wiseを使った海外送金の仕組みを解説 この記事では、海外送金サービス『Wise』はなぜ安いか、その仕組みについて解説していきます。 【Wiseはなぜ安い?海外送金の仕組みを解説】 今までの海外送金の仕組み W...
目次

Wiseのメリット・デメリット

Wiseのメリット

有利な速度で変化できる。

外国人の支払いにおいて、為替レートの差は無視できないと思われるかもしれない。そうではない。普通の銀行は不利な為替レートを使っている。自国の銀行の通常の決済カードで海外決済をしようとすると、大きな損をすることになる。

Wiseでは、いわゆるミッドレートと呼ばれる、買いレートと売りレートのちょうど中間を意味する為替レートを使用しています。このレートは、ほとんどの場合、通常の銀行が提供するレートよりもはるかに有利です。

 

手数料が安い

ほとんどの銀行では、国際取引手数料がかかります。Wiseでは、主要通貨で約0.4~0.5%の手数料をいただいています。これは多いと思われるかもしれませんが、有利な為替レートを利用して節約するよりもはるかに少ない金額です。

すべてが完璧に透明で便利

気づかないうちに、銀行から手数料を取られていたことはありませんか?当社のウェブサイトには、すべての手数料を含む送金後の金額を正確に計算する変換計算機があります。この金額は本当に最終的なものなので、隠れた手数料を心配する必要はありません。

高セキュリティ

金融のバックグラウンドがあり、非常に安全なプラットフォームです。ウェブサイトでは、最新のセキュリティ技術を採用しています。例えば、お客様が旅行中に他の国からアカウントにサインインする場合、不正を防ぐために必ず生年月日をお聞きしています。

世界中の複数通貨での無料口座管理

お客様の口座は、必要な数の世界の通貨を無料で維持することができます。口座維持のための手数料は不要で、通貨変換のための費用のみです。

振込先の口座番号の把握が不要

振込先の口座番号がわからない?ご心配なく。受取人のメールアドレスを入力するだけで、あとはWiseにお任せください。受取人に支払い情報を入力するよう促すメールが送信されます。

Wiseのデメリット

Wiseにはデメリットもあります。一緒に見ていきましょう。

海外に受取の口座が必要

Wiseを使って送金する場合は、海外に受取口座が必要です。現金で受け取りたい場合は、Western Unionが有名です。

1~3営業日後に転送されます

銀行振込で請求する必要があり、カードで直接支払うよりも時間がかかる。そのため、事前に想定しておく必要があります。カードでWiseにチャージすることも可能だが、金額に2%の手数料がかかり、不利である。

Wiseは定期的な振込に対応していません。

残念ながら、Wiseは自動定期支払いを許可していません。各変換を手動で入力する必要があります。

日本語対応の問い合わせがメールか電話のみ

日本語の問い合わせがメールか電話しかないのは、少し不便だと思いました。といった質問をすぐにできるように、日本語のチャットサービスがあると便利だと思います。などをすぐに聞ける日本語のチャットサービスがあると便利だと思います。

日本から海外の送金最大額が100万円

日本から海外への送金は、1回あたり100万円までとなります。

1日あたりの上限は決まっていませんが、何度も送金して{複数回送金した]と判断された場合、手続きが中断され、連絡が来る可能性があります。

100万円以上の大口送金を頻繁に行いたい場合は、Wiseが不便になる場合があります。

まとめ

この記事では、Wiseのメリット・デメリットについて解説しました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次