WiseとPaypalを徹底比較!どっちがおすすめ?

  • URLをコピーしました!

この記事では、WisePaypalの違いについて比較し、どちらがおすすめなサービスか解説していきます。

目次

WiseとPaypalを比較

 

WiseとPaypalは、様々な便利な機能やサービスを提供する世界的なフィンテック・サービスです。

この横並び比較では、WiseとPaypalを送金サービスに関してのみ比較対照し、次に海外送金をする際にどちらが自分のニーズや好みに最も合うかを評価します。

ロンドンに拠点を置くフィンテック企業のWiseは、最も安い海外送金方法として有名です。

一方、Paypalは、送金額の2.50%から4.50%という非常に変動的で不透明な為替レートマージン手数料を取るため、海外送金の専門家は一般的に外貨支払いに利用しないよう勧めています。

WiseとPaypalを利用できる国

Wiseの場合

EEA、英国、米国、シンガポール、日本、オーストラリア、ニュージーランドで利用可能で、世界約57ヵ国の外貨への送金に対応しています。

Paypal

世界200の国と地域で利用可能なPaypalは、おそらくあなたの国でも何らかの形で利用可能です。

ただし、一部の国(例:インド、コロンビア)ではPaypalによる取引が制限されており、そもそも国際決済がすべての国で利用できない可能性があります。

WiseとPaypalのメリット・デメリット

Wiseの良い点

  • 低額で透明性の高い送金手数料。
  • 使いやすいスマホアプリ
  • Trustpilotなどの海外レビューサイトでの優れた評価

Wiseは、異なる2つの通貨間の送金を専門に行うオンラインサービスです。Wiseは、2つの異なる通貨間の送金を専門に支援するオンラインサービスです。

Wiseは、非常に競争力のある手数料を請求し、真にユニークなのは、為替レートに対してマージンを取らないことです。あらゆる種類の国際的な支払いに、PaypalよりもWiseをお勧めします。

特に、海外の銀行口座宛の小額から中規模の銀行送金(最大10,000米ドル)には、このプラットフォームは特に割安です。

Wiseの悪い点

  • 銀行口座への送金に限られる

Paypalの良い点

  • 便利である
  • Wiseよりも多くの国で利用できる
  • 多くの人がすでにPaypalのアカウントを持っている

Paypalの悪い点

  • コストのかかる為替レート
  • 価格競争力があるのは0.26%だけ
  • 顧客満足度が低い

Paypalは、同じ通貨で送金する限り、一国内での送金には問題なく、オンライン決済や友人への送金など、多くのユースケースで優れたソリューションであり続けています。

しかし、国境や通貨を越えて送金する場合、一般的に国際送金のためにPaypalを使用するのは良いアイデアではありません。通貨換算が行われると同時に、送金コストの大部分はPaypalが取る高額のマージンに隠されてしまうからです。

まとめ

この記事では、WiseとPaypalの違いについて解説しました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次