両丹経済新聞オンライン版 2008年2月1日
北近畿のビジネス情報源両丹経済新聞トップニュースファイル>データ
 ニュースピックアップ  ヘッドライン
福知山のニンバリ CO2の大幅削減装置を開発
熱交換器の製造ラインで


 福知山市長田野町2丁目の長田野工業団地内に本社を置く一般機械製造業のニンバリ(仁張直敏社長)がこのほど、京都府の「元気印中小企業」の認定を受け、ルームエアコンなどに使われる熱交換器の製造ラインでCO2排出量を大幅に削減できる装置の開発に取り組んでいる。近く特許申請する計画で、環境に配慮した超低コストの製品として年内にも販売を開始する。
 
広域
●今年度の府の名工、北部から4人受賞

福知山
●桔梗が丘団地の土地区画整理組合が解散へ
●京都事務機販売の新事務所が完成

綾部
●日東精工が新型ねじ締めロボットを開発、4月販売へ=写真

●古美術などのギャラリー「燦々堂」が開店

舞鶴
●まつもと米穀、「関西IT活用企業百選」に認定
●ココモスイーツが「恵方巻」風ロールケーキを限定販売

京丹後
●京丹後市が地域情報交流サイト「T-WAVE」を開設
●丹後4市町などでつくる公共交通ネットワーク実現会議が総合連携計画を国へ提出
●「京丹後市観光協会」が4月発足へ=写真



但馬
●国民生活金融公庫豊岡支店と但馬銀行、業務連携・協力に関する覚書を締結

新しいお店
綾部◆讃岐うどん処「寛ヱ門」
景況感、前期に比べ悪化が大半
両丹地方10−12月期の景気動向調査


 京都北都信用金庫と中兵庫信用金庫、舞鶴商工会議所はこのほど、各地の10月―12月期の景気動向調査をまとめた。景況感は前期(7月―9月)より悪化した地区が大半を占めた。業種別では製造業などで好転している一方、悪化した中で特にサービス業での大幅な下降が目立つ。来期(1月―3月)の予想は厳しい見方が多い。
情報、ご要望をメールでお寄せ下さい>>Click
福知山ファミリー 2月末の営業打ち切り濃厚に
管財人がテナントへ通告


 ビル運営会社が自己破産した福知山市天田の大型商業施設「福知山ファミリー」の問題で京都地裁福知山支部はこのほど、破産管財人が不動産の所有権を放棄することを認めた。これを受けて管財人は先月、ファミリーに入っている各テナントに、28日をもって電気や水道、ガスなどの契約を止めると通告。これにより、福知山ファミリーの2月末での営業打ち切りが濃厚になった。

データなど

●京都地裁府北部3支部の競売予定
●年末年始丹後5市町の観光客数
●12月の公共工事動向
●国、府県、市の土木入札結果
●食品営業許可
●建築確認申請(府北部、兵庫丹波)

両丹経済新聞社:京都府綾部市大島町沓田4-3 TEL0773(42)6800
両丹経済新聞オンライン版はリンクフリーです。あなたのサイトからのリンクを歓迎いたします。詳しくは>>Click
コンテンツページはURLが変わることがありますので、リンクはトップページhttp://www.r-keizai.com/ にお願いします。
両丹経済新聞オンライン版に使用している記事、写真、図画はすべて株式会社両丹経済新聞社もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文のまま、もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹経済新聞社へご連絡下さい。


京都府北部地方新聞連合会加盟社サイト
i-福知山 あやべ市民新聞
福知山の新聞 携帯版 亀岡の新聞 綾部の新聞 タウン誌