両丹経済新聞オンライン版 2006年11月11日
北近畿のビジネス情報源両丹経済新聞トップニュースファイル>データ
 ニュースピックアップ  ヘッドライン
綾部、小浜、おおいの2市1町が観光協力

 京都府の綾部市 と福井県の小浜市、 おおい町 の2市1町は、 互いの観光事業への参加や協力、 観光ツアーの創設など府県を越えた観光協力をするための調印を10月26日に行い、 交流の実行委員会を発足させた。
 今回の実行委員会のような観光振興を目指した、 府県を越える組織は珍しいという。
福知山
●近畿税理士会福知山支部が「e−Tax」研修会開く
●印刷業のオカムラが環境マネジメントシステム・スタンダード(KES)の認証取得

舞鶴
●関西電力が竹炭利用し寺川で水質浄化実験
●ケンコーマヨネーズの地元雇用100人規模に

綾部

●JR綾部駅隣接地に高層マンション=写真。10階と8階のツインビル型で07年7月完成予定

宮津・与謝・京丹後
●食品加工販売の紫野和久傳が京丹後に進出
●京丹後市網野町の浅茂川下岡バイパスが10年かけ開通=写真。観光バスなど誘導


兵庫丹波
●07−09年度の学校整備計画まとまる。総事業費は46-47億円

豊岡
●但馬信金が22日に金子勝教授招き経済講演会

福崎
●フレッシュさとう福崎店が増床で11店目のスーパーフレッシュ店に
北近畿の3商品が第1次「地域ブランド」認定受ける

 特許庁は10月27日、 地域名と商品名・サービス名を組み合わせた 「地域ブランド」 について今年4月に商標登録申請された374件のうち、 52件を新たなブランド名として認めた。
  北近畿では 「舞鶴かまぼこ」 「間人ガニ」 「豊岡鞄」 のブランドが認定された。

 各商品とも生産者組合などが登録申請していたもので、今後さらに商品力を強化しPRに努めたいと意気込んでいる
情報、ご要望をメールでお寄せ下さい >> Click

豊岡で「こうのとり朝夕市場」の開設準備進む

 近畿コンピュータサービス社 (本社・豊岡市高屋、 松井喜久夫社長) は、 同市正法寺の市道正法寺高屋線沿いに朝と夕方だけ開店する北近畿最大級の特産品販売市場 「nkansaiこうのとり朝夕市場」 の出店準備を進めている。
  同市場は、 物を販売したい人なら誰でも出店できるいわば常設のフリーマーケット的な市場。
  ここには、 同社初の物販店も開設することにしており、 物販店は12月15日、 朝夕市場は来年3月1日のオープンを目指す。 

データなど
●神戸地裁柏原支部の競売予定
●10月1日の人口、各市町で軒並み減少
●国民生活金融公庫の商況調査
●機械金属業界の景況調査
●10月の交通量、兵庫県側国体効果で伸びる

両丹経済新聞社:綾部市川糸町丁畠4-1 TEL0773(42)6800
両丹経済新聞オンライン版に使用している記事、写真、図画はすべて株式会社両丹経済新聞社もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文のまま、もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹経済新聞社へご連絡下さい。


京都府北部地方新聞連合会加盟社サイト
i-福知山 あやべ市民新聞
福知山の新聞 携帯版 亀岡の新聞 綾部の新聞 タウン誌