両丹経済新聞オンライン版 2006年3月1日
北近畿のビジネス情報源両丹経済新聞トップニュースファイル>データ
 ニュースピックアップ  ヘッドライン
世界初の大型砕氷貨物船を建造
 ユニバーサル造船舞鶴事業所


 神奈川県川崎市に本社を置くユニバーサル造船の舞鶴事業所(舞鶴市余部下)は、載貨重量3万2千tの砕氷型バラ積貨物船の建造を進めている。
 4月中旬の完成予定。
 現在、砕氷しながら大量の貨物を輸送できる大型の「砕氷型貨物船」はなく、これが世界初の建造となる。
 同船は氷海域での物流に大きく影響する可能性を持っており、世界から注目を集めている。
広域
●兵庫県の06年度当初予算案、総額は16.4%大幅減の3兆5249億円。丹波県民局管内は企業誘致活動に本腰、但馬県民局管内はコウノトリ博物館構想に500万円
●04年の府内の給与水準、派遣社員導入などの影響で00年より4.7ポイント減少

福知山
●横田石材、系列会社を集約し本社を移転

舞鶴
●NPO名水の里杉山、ハクレイ酒造と地酒「大杉」=写真=を開発


綾部
●ベンチャーものづくりの会と花伝院、綾部産の「しそ漬しょうが」を共同開発
●近畿唯一の琉球温熱療法の店が開店

京丹後・宮津・与謝野
●検討委員会=写真=が治水対策を河川改修だけ行う府の計画案を確認

●名松リバース実行委、1年間の活動を報告書にまとめる

兵庫丹波・篠山
●柏原小売酒販組合、地域ブランド確立へ「丹波山鼓」を再販
●スポーツショップ「徳岡塾」が開店
日東精工05年12月期決算 当期純利益が25%伸びる

 綾部市井倉町に本社を置く日東精工は05年12月期連結決算を発表した。
 それによると売上高、営業利益、経常利益ともに前期を上回り増収増益となった。
 一方、来期の業績は、売上高と経常利益は増加を見込むものの、当期純利益は減少を予想している。
情報、ご要望をメールでお寄せ下さい >> Click
京都府、ウッドマイレージCO2認証制度を拡充

 昨年末に「ウッドマイレージCO2認証制度」の対象を住宅用木材にまで拡大した京都府は2月16日、生産から流通を担う取扱業者15社を認定し、このうち福知山市立原の伊東木材(伊東宏一社長)で初出荷式を行った。
 府北部からは、京丹後市峰山町菅の森製材所も認定されている。地産地消で輸送距離を短縮することにより、CO2排出量のさらなる削減と府内産木材の利用促進を狙う。
データなど
●北部機械金属業の景気動向調査、工作機械が順調に推移する
●1月の公共工事動向、府北部は舞鶴、福知山、宮津が好調。県北中部は但馬で請負金額が26%増
●05年の舞鶴港貿易概況、輸出額3年ぶり200億円突破。船舶の輸出が金額を押し上げる
●競売結果(舞鶴支部、柏原支部)
両丹経済新聞社:綾部市川糸町丁畠4-1 TEL0773(42)6800
両丹経済新聞オンライン版に使用している記事、写真、図画はすべて株式会社両丹経済新聞社もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文のまま、もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹経済新聞社へご連絡下さい。


京都府北部地方新聞連合会加盟社サイト
i-福知山 あやべ市民新聞
福知山の新聞 携帯版 亀岡の新聞 綾部の新聞 タウン誌