両丹経済新聞オンライン版 2006年2月21日
北近畿のビジネス情報源両丹経済新聞トップニュースファイル>データ
 ニュースピックアップ  ヘッドライン
「プラント野田川店」出店計画
 野田川町がう回路を町道認定

 昨年12月に開かれた野田川町最後の町議会で、これまで農道だった道が町道亀山中地線として認定された。
 この道路は同町石川でPLANT(本社・福井県坂井町)が出店計画を進める大型ディスカウントストア「プラント野田川店(仮称)」のう回路となるもの。
 この道路が町道として認定されたことで、同店が出店するための条件がまた一つ整ったことになる。
 一方で出店を危惧する商業者などからは、反発の声も挙がっている。
福知山
●ベツセル福知山へグループ再編で製造部門を集約
●ハサカが「ベストワン福知山店」を閉店
●HORI建築が福知山に体感型モデルハウス開設

舞鶴
●舞鶴市、8月オープン予定の「ふるるファーム」の利用者募る
●ホテルアルスタインがリラクゼーションボディケア=写真=始める

●舞鶴警察署余内交番の建て替えが完了

綾部
●大槻ポンプ工業、府からグリーン入札の参加者に登録
●三ツ星ベルト、綾部生産システム開発センターを増設

豊岡・朝来・養父・但馬
●山陰合同銀行、PFI事業の入札支援を強化

福井小浜・若狭(嶺南)

●うみんぴあ大飯マリーナ=写真、指定管理者にベルポートジャパンと仮契約
「与謝野町」と「おおい町」間もなく誕生

 3月上旬、北近畿で2つの新しい町が産声を上げる。
 北近畿では最後となる平成の大合併での新町の誕生で、これで以前55市町村あった自治体が20市町になる。
 新しく誕生するのは、与謝地域の3町が合併する「与謝野町」と福井県嶺南の2町村が合併する「おおい町」。
 人口は与謝野町が約2万5千人、おおい町は約9千人となる。
情報、ご要望をメールでお寄せ下さい >> Click
京丹後市、久美浜の原発計画を白紙化

 京丹後市は、関西電力が同市久美浜町の蒲井と旭の両地区で計画している原子力発電所の建設計画を白紙に戻す要望を9日、同社に申し入れたとともに、市による両地区の地域振興計画を新年度から進めていく。
 中山泰市長が10日、記者会見で明らかにしたもので、「回答内容に関わらず計画を進めていく」 考えを示した。振興計画では、定住者対策や温泉掘削、 宿泊施設などの整備を挙げている。
データなど
●丹後3市4町05年の観光客数、「愛・地球博」などの影響で減少目立つ
●1月の建築確認受理件数、府北部が25%減の66件。兵庫丹波も前年同月水準下回る
●1月の倒産概況、福知山市内で3件の破たん。但馬、丹波の倒産はゼロ
●1月の手形交換、交換高は3%減の117億691万円
●競売予定(宮津支部、福知山支部)
●連載企画「就業規則で業績向上2」
両丹経済新聞社:綾部市川糸町丁畠4-1 TEL0773(42)6800
両丹経済新聞オンライン版に使用している記事、写真、図画はすべて株式会社両丹経済新聞社もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文のまま、もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹経済新聞社へご連絡下さい。


京都府北部地方新聞連合会加盟社サイト
i-福知山 あやべ市民新聞
福知山の新聞 携帯版 亀岡の新聞 綾部の新聞 タウン誌