両丹経済新聞オンライン版 2006年1月1日
北近畿のビジネス情報源両丹経済新聞トップニュースファイル>データ
 ニュースピックアップ  ヘッドライン
RSS配信を試験導入中です。ご利用下さい>>CLICK 特集
●府北部企業のカルタ、ソフトクリーム、ワインが人気

広域
●養父市など北近畿の各地で新春経済講演会

福知山
●さとうが福井に進出。小浜で「スーパーフレッシュ」店を計画。綾部でも「ストック」の新店計画進める
●オートセンター福知山=写真=がVWジャパンから正規ディーラー権取得

●ミニサッカー場を併設で「ローソン福知山東堀店」開店
●福知山企業交流会、東成エレクトロビームの上野氏招き講演会

綾部
●綾部商議所、TMO構想の概要書を市へ提出
●不動産・材木商の原田商店が駅前に本社を新築移転

舞鶴
●竹屋通りに歯ブラシ雑貨店「Leaf」がオープン
●舞鶴港の定期コンテナ航路、舞鶴−釜山航路が週2便に増便=写真

京丹後・宮津・与謝
●赤坂工業団地に「京丹TSK」が進出。メッキ加工主力に7月操業
●宮津市内の栗田トンネルなど通行止め個所の工事完了
●24時間のセルフスタンドを併設で「ローソン峰山町新町店」開店

兵庫丹波・篠山
●まちづくり柏原、garden栢に創作料理店が近く開店
整備着々、北近畿の高速道路網

 京阪神や山陽に比べ高速道路網の整備が大幅に遅れていると言われる北近畿は、中国自動車道の吉川ジャンクション(JCT)と北陸自動車道の敦賀ジャンクションとを結ぶ「近畿自動車道・敦賀線」のうち111.5kmが開通している。
 同敦賀線の春日インターチェンジ(IC)から兵庫県・但馬地域の豊岡市に伸びる「北近畿豊岡自動車道」は、そのうちの同ICと和田山ICを結ぶ「春日和田山道路」が、今秋の「のじぎく兵庫国体」開催までに開通する予定で、同道路区間の春日―氷上IC間6.9kmは昨年4月に供用開始となった。京都府北部でも京都縦貫自動車道の工事が進められている。
 京阪神と北近畿を結ぶ「大動脈」の早期整備完了は、少子高齢化が進む地方都市にとっては重要な課題でもある。一方、中央では、道路特定財源を一般財源化する動きもあり、そうなれば、整備の進ちょくにブレーキがかかることも予想される。
北近畿の55市町村が今年3月に20市町へ

 『平成の大合併』で北近畿に新たに誕生した(する)市町は12市町。04年4月まで4市13町だった府北部は今年3月までに5市2町に再編。1999年4月まで10町だった兵庫丹波は、04年11月までに2市となった。
 但馬地方も1市18町から3市2町に激変、福井の嶺南西部も今年3月までに1市5町から2市3町となり、都合33市町村が減ったことになる。この合併、協議が円滑に進んだところは少なく、問題山積で紆余曲折の末に合意に至ったところのほうが多かったようだ。
情報、ご要望をメールでお寄せ下さい >> Click
北近畿の人口は前回比2万3184人減る
 05年国勢調査速報値


 5年前に比べ京都府で人口の最も減少したのは京丹後市、減少率が最高だったのは伊根町。兵庫県の減少数が多かったのは、市部は尼崎市に次いで豊岡市で、郡部は香美町。減少率は、市部は養父市が1位で郡部は香美町と新温泉町がそれぞれ2位と3位―。
 これは、京都と兵庫の両府県が先月まとめた05年10月実施の国勢調査結果の速報値で分かった。
北近畿のデータなど
●11月の公共工事動向、府北部は災害復旧工事が一段落。県北中部は但馬が件数、金額とも減少
●11月の有効求人倍率、府北部は舞鶴を除き1倍超。豊岡、篠山は比較的に安定した状況
●12月の日銀の短観、京滋の景況感は14年ぶりプラス。兵庫は3期連続で改善
●競売予定(宮津、柏原、舞鶴、福知山)
両丹経済新聞社:綾部市川糸町丁畠4-1 TEL0773(42)6800
両丹経済新聞オンライン版に使用している記事、写真、図画はすべて株式会社両丹経済新聞社もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文のまま、もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹経済新聞社へご連絡下さい。