両丹経済新聞オンライン版 2005年11月1日
北近畿のビジネス情報源両丹経済新聞トップニュースファイル>データ
 ニュースピックアップ  ヘッドライン
経革法など承認得た舞鶴の企業、新たな事業展開

 舞鶴市内の2社が京都府からの支援を受けて新たな事業展開をしている。
 この会社は中小企業経営革新支援法(経革法)に基づく経営革新計画の承認を受けた瓦卸売業などの山崎物産(本社・舞鶴市上福井)と、中小企業創造活動促進法(創造法)に基づく研究開発計画の認定を受けた精密機械製造業の田中製作所(同・同市森)。
 山崎物産が屋根土吸引式清掃車(クリーンカー)によるサービス、田中製作所が複合介護機の開発に取り組み、両社とも市場のニーズを取り込んで新規顧客の獲得や売り上げ増を目指している。
府北部
●2市が公共施設の指定管理者制度で公募。舞鶴市が市政記念館など30施設。綾部市は市民ホールなど63施設で

福知山
●福知山産業フェア=写真、来場者は1回目を上回る5万6千人

●日本プライバシーコンサルタント協会の理事の高橋彰彦氏招き府、電信電話ユーザ協会などが11日に「個人情報保護実務セミナー」
 >>詳細(e丹波商人道場サイト)

舞鶴
●三ツ丸ストア溝尻店が「生鮮&業務スーパー」に業態転換

綾部
●グンゼ、綾部の本社工場でエンプラ事業を拡大
●綾部市、市道味方里線などが開通

宮津・京丹後・与謝
●ハクレイ酒造、「山の芋焼酎」を開発

兵庫丹波・篠山
●やながわ、洋菓子店「夢の里やながわ」を出店。福知山にも2号店

福井小浜・若狭(嶺南)
●06年3月に大飯町と名田庄村が合併して誕生する「おおい町」の町章=写真=が決まる。「名田庄」の名前を字名に残すことも決まる

北近畿豊岡自動車道に道の駅
 「但馬のまほろば」来年開業へ

 北近畿豊岡自動車道・春日和田山道路IIに道の駅「但馬のまほろば」が整備される。
 国土交通省豊岡河川国道事務所と朝来市の事業で、一部施設では工事が進んでいる。
 南但馬の歴史・文化遺産を展示する「埋蔵文化財センター」(仮称)なども併設した地域の交流拠点と位置づけ、同道路の開通と同じく「のじぎく国体」が開催される06年9月30日までの開業を目指す。
情報、ご要望をメールでお寄せ下さい >> Click
京丹後市、ブロードバンド網整備のたたき台まとめる

 京丹後市が検討するブロードバンドネットワーク整備事業について市と市民がともに考える「地域情報化計画市民会議」は、今後、市が同事業の計画を策定するたたき台となる「市地域情報化計画」をまとめた。
 たたき台にはブロードバンド網の整備、これを活用したCATV放送などのサービス事業、防災対策、地域活動拠点づくりの4つの柱を展開する案が盛り込まれた。
北近畿のデータなど
●9月の公共工事動向、府北部で299件の発注。県北中部は但馬で件数、金額増える
●7―9月期の北部機械金属業界の景況、業況DIがプラス域へ改善
●7―9月期の両丹地方金融機関などによる景況調査、府北部と兵庫丹波ともに改善。来期も上向きの予想
●経営アドバイス「キャッシュフロー経営22」
●国、府県、市の土木入札結果
●競売結果(宮津支部)、京都労働局の国有地売却
両丹経済新聞社:綾部市川糸町丁畠4-1 TEL0773(42)6800
両丹経済新聞オンライン版に使用している記事、写真、図画はすべて株式会社両丹経済新聞社もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文のまま、もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹経済新聞社へご連絡下さい。