両丹経済新聞オンライン版 2005年8月11日
北近畿のビジネス情報源両丹経済新聞トップニュースファイル>データ
 ニュースピックアップ  ヘッドライン
大学、短大の「全入時代」突入
京都創成大も生き残りへ学部増設など視野

 2年後の07年には4年制大学と短期大学への進学希望者数と入学者定員の数が一致する「全入時代」が迫っているといわれる。
 その一方、現状でも定員割れの大学があり、北近畿で唯一の4年制大学である福知山市西小谷ケ丘の京都創成大学(二場邦彦学長)も、00年の開学当初から厳しい状況が続くが、女子生徒が進みやすい学部の新設で、定員割れの現状を打破したいという考えを示している。打開策は−
福知山
●荒川工務店が介護ビジネスに参入
●村上商事、顧客の囲い込み狙い独自カード事業始める
●大和ハウス工業北近畿支店、6カ所目の分譲宅地を福知山で開発

舞鶴
●理・美容のカットツイン、北近畿初の「カットエー」が開店

綾部
●府綾部工業団地にエネサーブが稼働
●24時間営業のファミレス「ジョイフル」が開店

宮津・京丹後・与謝
●おのえが「メモリアルホールのだがわ」=写真=を開設
●スカイ企画、三田の商業集積地に「カラオケスカイ」出店
●丹後福祉会、ユニットケア方式の第二丹後園が完成

兵庫丹波・篠山
●「うどんそば処 千城」が新築移転

豊岡・養父・朝来・但馬
●西松屋、豊岡の商業集積地に新店を出店
●城崎の外湯「御所の湯」の新築移転が完了
●日高に「そば処 殿さんそば」=写真=開店。地元産そばで村おこし

福井嶺南
●「温かみある学校」テーマに、小浜小の基本設計まとまる。06年度着工、08年春に完成
04年事業所統計簡易調査結果
府北部の事業所数、従業員数ともに減少


 04年の「事業所・企業統計調査」の簡易調査の結果速報によると、京都府内全域の事業所数と従業員数は減少傾向にあり、特に丹後地域での事業所数の減少率は府内でも高い。
 しかし、2年半前に比べると、その率は大幅に低くなっている。また、中丹、丹後両地域とも「医療・福祉」関係の従業員数は増加していることがわかった。
情報、ご要望をメールでお寄せ下さい >> Click
05年路線価
最高は福知山市天田柿ケ坪の19万5千円


 全国の国税局と税務署が公表した05年分(1月1日現在)の路線価で、商業施設など大規模開発が進む大都市での最高路線価は上昇する動きがあったが、北近畿7税務署管内は依然、下落傾向が続いている。
 豊岡市大手町などで前年同様に2けたのダウンをみせているものの、下落率は縮小している所が多かった。
 北近畿7税務署管内では福知山市天田柿ケ坪の1平方m当たり19万5千円が最高で、7年ぶりに管内トップとなった。
北近畿のデータなど
●7月の交通量、舞若道は100万台を突破。京都縦貫道も好調に推移
●7月1日の人口、加悦と朝来だけ前月比が増加
●6月の有効求人倍率、福知山で前月比下落。前年同月比は綾部でマイナス
●北都信金と中兵庫信金の「後継者問題」調査、事業の将来性と後継の力量が課題
●7月の高額所得法人、府北部は前年より3社増の18社を公示。県北中部は1社多い17社
両丹経済新聞社:綾部市川糸町丁畠4-1 TEL0773(42)6800
両丹経済新聞オンライン版に使用している記事、写真、図画はすべて株式会社両丹経済新聞社もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文のまま、もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹経済新聞社へご連絡下さい。