両丹経済新聞オンライン版 2005年6月1日
北近畿のビジネス情報源両丹経済新聞トップニュースファイル>データ
 ニュースピックアップ  ヘッドライン

旧・時を奏でるホテルが再出発
 「出石ニューグランドホテル」に

 旧・出石町で唯一のシティーホテルだった豊岡市出石町福住の「時を奏でるホテル」がリニューアルし、4月17日に「出石ニューグランドホテル」として再出発した。
 「時を奏でるホテル」は宝塚グランドホテルの子会社で、経営不振から2003年に倒産。その後も営業を続けていたが、台風で大きな被害を受け04年で営業を取りやめていた。
 この土地と建物をビジネスホテルなど経営のクオリティ(本社・神戸市、岸本宏社長)が今年2月に買い取って経営に乗り出した。
 現在はホテルを営業しながら、展望大浴場の拡張やチャペルの内装変更などを順次進めていくことにしている。
福知山
●京都ルネス病院に「PET(陽電子放射線断層撮影装置)総合画像診断センター」完成
●由良川下流部緊急水防災対策協、河川情報提供などの取り組みを確認

舞鶴
●朝来小でWEB上に「修学旅行掲示板」を実験
●ラーメンFC「来来亭」が西舞鶴にオープン

綾部
●医療法人団恵心会、「綾部さくらホーム」を来春開設
●舞鶴和知線改良工事の菅坂南トンネルが貫通=写真


宮津・京丹後・与謝
●伊根町商工会が「舟屋」の観光ガイド始める
●北星会が宮津に特養ホーム「天橋の郷」を開設
●丹後織物工業組合の「きぬもよふ」に、クレンジングクリームなど新アイテム

兵庫丹波・篠山
●大地農園が内見会開く。6日から東京でも
●ITセミコン、パワー半導体の追加など今秋から新態勢

豊岡・養父・朝来・但馬
●公立豊岡病院が戸牧に移転・稼働

●大和ハウス工業のモデルハウスが豊岡に


福井小浜・若狭(嶺南)
●伊藤忠と小浜商工会議所が連携し活性化策練る
●福梅が梅干し工場の効率化図る

ベトナムに白生地生産委託先を確保
 京丹後の織物メーカー相政

 織物メーカーの相政(本社・京丹後市丹後町間人、相見正樹社長)は今春、ベトナムに白生地の生産委託先を確保し、海外の出機でばた化に踏み切った。
 今年からの絹織物の輸入自由化と併せ、原動力である国内の外注先が後継者不足で減少していく厳しい現状にあることから、将来を見すえて先手を打った。
情報、ご要望をメールでお寄せ下さい >> Click
大舞工業が会社分割し連結納税制度を導入

 舞鶴市市場の総合建設業、大舞工業(大谷龍作社長)は昨年6月、会社を分割して連結納税制度を導入した。
 これによって建設部門の財務健全性を図り、公共工事の受注機会を増加させることなどが狙いで、 成果が注目されている。
 旧・大舞工業はプロウィング(同社長)の社名に変更して営業・管理部門を残し、新たに設立した子会社には施工部門を移した。
北近畿のデータなど
●グンゼ05年3月期連結決算、純利益は2期ぶり黒字
●大型連休中の丹後の観光客数、前年同期比1.3%増の28万人余りに
●府北部の車庫証明、3、4月とも過去最低の件数
●国民生活金融公庫舞鶴支店の景況感回復時期調査、根強い先行きの不透明感
●4月の公共工事動向、宮津を除いて倍以上の請負金額。県北中部は丹波で件数、金額ともに増加
●連載企画「学校再発見!金の卵と鶏」(府立工業高校)
●競売予定(豊岡支部)、結果(豊岡支部)
両丹経済新聞社:綾部市川糸町丁畠4-1 TEL0773(42)6800
両丹経済新聞オンライン版に使用している記事、写真、図画はすべて株式会社両丹経済新聞社もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文のまま、もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹経済新聞社へご連絡下さい。