両丹経済新聞オンライン版 2005年5月21日
北近畿のビジネス情報源両丹経済新聞トップニュースファイル>データ
 ニュースピックアップ  ヘッドライン

由良川下流部の水防対策などに注力
国交省福知山事務所と舞鶴事務所、05年度は160億円


 国土交通省福知山河川国道事務所と同舞鶴港湾事務所はこのほど、05年度の事業概要を発表した。
 予算額は同河川国道事務所が前年度当初比3%減の129億4200万円で、事業期間を短縮した「由良川下流部緊急水防災対策」を本格的にスタートさせるほか、丹波綾部道路など継続事業を推進。同港湾事務所は同6%増の30億6200万円を組み、臨港道路のトンネル貫通などを目指す。
福知山
●大和ハウス工業北近畿支店、駅南町に事務所=写真=を移転


舞鶴
●舞鶴TMO、商店街で顧客分析やメール配信などサービス始める

綾部
●漢方薬局と薬膳喫茶が一体の「KANPOU&悠々」=写真=が開店


宮津・京丹後・与謝
●岩滝町のNPO法人と宮津市内の民間企業がBDF(バイオディーゼル燃料)でトラック試験走行
●「つつじが丘団地」32区画を宮津市が販売
●宮津に和風レストラン「雪舟庵」が開店

兵庫丹波・篠山
●「おうちギャラリー」が丹波市柏原町に開店

豊岡・養父・朝来・但馬
●「ミニストップ和田山桑原店」がオープン
北近畿7税務署の高額納税者、前年比14人減の116人

 全国の税務署は16日、04年分の確定申告で1千万円を超える所得税を納めた高額所得納税者と納税額を公示した。
 北近畿7税務署の公示者数は前年比14人減の116人で、過去最低だった02、03年の130人をさらに下回った。
 府北部の4税務署管内は56人で同5人減。県北中部の3税務署管内は60人で同9人減となり、2年連続で府北部を上回った。
情報、ご要望をメールでお寄せ下さい >> Click
三和町の工業団地に浅田可鍛鋳鉄所が進出

 三和町みわの工業団地「エコートピア京都三和」に、初めて地元企業の立地が決定した。
 進出するのは福知山市長田野町の輸送用機器など製造業、浅田可鍛鋳鉄所(浅田章介社長)で、三和工場(仮称)を新設する。
 12日に京都府などと用地取得契約、立地協定を締結した。工場の建設は7月上旬に着手し、11月末の完成、来年1月の操業を目指す。
北近畿のデータなど
●大型連休の交通量、舞若道は3.9%増の15万2千台。縦貫道の宮津天橋立も大幅に増える
●4月の企業倒産、府内の件数8カ月連続前年下回る。兵庫の件数は13カ月連続前年以下
●4月の手形交換、福知山が26%増。柏原は26%減少
●連載企画「経営者のための労働法基礎講座22」
●競売予定(宮津、福知山支部)、結果(福知山支部)
両丹経済新聞社:綾部市川糸町丁畠4-1 TEL0773(42)6800
両丹経済新聞オンライン版に使用している記事、写真、図画はすべて株式会社両丹経済新聞社もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文のまま、もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹経済新聞社へご連絡下さい。