両丹経済新聞オンライン版 2005年5月11日
北近畿のビジネス情報源両丹経済新聞トップニュースファイル>データ
 ニュースピックアップ  ヘッドライン
04年北近畿の高額所得申告法人ランキング
 前年より16社減り195社の公示


 両丹経済新聞社は、北近畿7税務署の公示に基づいて、府北部と県北中部それぞれの「04年高額所得申告法人ランキング」をまとめた。
 昨年1月から12月の決算で税法上4千万円以上(通年)の所得を申告した法人をまとめたもので、対象は195社で前年と比べて16社(7.6%)も減った。
 両丹経済新聞社が7税務署の年間ランキングを掲載し始めた94年以降、初めて公示企業数が200社を割り込んだ。
 国内の景気は回復基調に入ったと言われているが、この数字を見る限り両丹地方はまだまだ回復したとは言いがたい状況だ。
福知山
●三和町にヤギのミルクなどを提供するレストランハウス「山小屋」が開店
●宿泊研修施設「三和荘」=写真=がオープン。露天風呂、ホール、ギャラリー、レストランを備え、地元NPOが運営

舞鶴
●東舞鶴公園で北側駐車場の整備に合わせ陸橋を建設

宮津・京丹後・与謝
●ヤングイン天橋立が「オーベルジュ天橋立」にリニューアル
●楽天市場に「京の丹後屋」がオープン。京丹後市が立ち上げ、出店業者組織で運営
●「丹後あじわいの郷」に新しい施設加わる

兵庫丹波・篠山
●TMOまちづくり柏原、JR柏原駅前に商業施設「栢」を建設。2店舗が営業を開始
●「スシロー氷上店」=写真=がオープン。兵庫県北中部に初出店
●丹波市氷上町に障害者・児生活支援センター完成


永井記念財団が解散 2億円の基金は綾部市に寄贈

 綾部市鍛治屋町に事務局を置く永井記念財団(永井幸喜理事長)は16年にわたる事業活動を終え、4月22日に府へ法人の解散を申請した。
 金利の低下で財団法人としての活動が難しくなったため。
 今後、2億円近い基金は当面の受け皿となる綾部市に寄贈し、同市が事業を継続していく。
府北1位は日東精工、兵庫県北中部は中兵庫信金

 京都府北部の1位は日東精工(綾部市)、2位は日進製作所(京丹後市)、3位はさとう(福知山市)。兵庫県北中部は1位中兵庫信用金庫(丹波市)、但馬銀行(豊岡市)、播磨屋本店(朝来市)だった。

 【紙面では府北部、県北中部、業種別でのランキングを掲載】
情報、ご要望をメールでお寄せ下さい >> Click
北近畿の景況は「足踏み状態」
 舞鶴と豊岡金融公庫の景況調査


 国民生活金融公庫舞鶴支店が3月31日時点で行った「中丹・丹後地方の商況調査」によると、当地方の今期の景況は、「足踏み状態が見られる」という結果になった。
 業況判断DIと売上DIは前期を上回ったが、採算DIは低下。
 一方、同公庫豊岡支店がまとめた調査によると、全体の業況判断DIはマイナス37で前期比5ポイント上昇。サービスの大幅な好転による要因が大きい。
北近畿のデータなど
●4月の高額所得法人、日東精工が倍増の19億円台に
●3月の有効求人倍率、前年同月比全所の伸び17カ月連続で途絶える
●3月の電力消費、エアコン需要で家庭用など伸びる
●4月1日推計人口、過去13年間で最多の減少数
●競売予定(柏原支部、舞鶴支部)
両丹経済新聞社:綾部市川糸町丁畠4-1 TEL0773(42)6800
両丹経済新聞オンライン版はリンクフリーです。あなたのサイトからのリンクを歓迎いたします。詳しくは>>Click
コンテンツページはURLが変わることがありますので、リンクはトップページ http://www.r-keizai.com/ にお願いします。
両丹経済新聞オンライン版に使用している記事、写真、図画はすべて株式会社両丹経済新聞社もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文のまま、もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹経済新聞社へご連絡下さい。