両丹経済新聞オンライン版 2005年2月12日
北近畿のビジネス情報源両丹経済新聞トップニュースファイル>データ
 ニュースピックアップ  ヘッドライン
大飯町で海洋性レクリエーション施設
「うみんぴあ大飯」の施設建設始まる


 福井県大飯町で計画が進められている海洋性レクリエーションの拠点「わかさ大飯マリンワールド」の整備事業で、施設整備としては初めてのマリーナ建設工事が1月27日に始まった。
 マリンワールドには健康増進施設や飲食・物販施設、福井県立児童館など様々なレクリエーション施設を整備する予定で、08年度の完成を目指している。
 このほど、全体の愛称が「うみんぴあ大飯」に決まり、整備事業が大きく動き出した。
 県の児童館は現在、プロポーザルによって設計業者の選定を進めている段階で、来年度に設計をし06、07年度に建設する予定。
福知山
●橋電と京都創成大が産学協同で品質管理強化のプロジェクト進める
●レンタルの「ビデオinアメリカ福知山店」が店舗面積を6倍にし、24時間営業に移行

舞鶴
●「コスモス介護タクシー」が開業
●府港湾事務所、「伊佐津川橋」=写真・完成予想パース=の下部工に着手
伊佐津川橋

綾部
●「あやべ市民バス」が4月から運行開始
●村上建設がショールーム開く

宮津・与謝・京丹後
●京丹後市、ブロードバンド事業へ地域情報化計画市民会議=写真=開く
地域情報化計画市民会議

●宮津野田川道の第13トンネルが貫通

兵庫丹波・篠山
●鐘ケ坂BPの進ちょく率約90%に
●丹波市氷上町の中央幼稚園に新園舎できる

豊岡・養父・但馬
●但東町に「高橋デイケアセンター」が完成
一般会計は1.7%増の8168億円
 京都府の05年度予算案

 京都府は8日、一般会計8168億3800万円を含む総額1兆874億3800万円の新年度予算案を発表した。
 前年度当初比は総額で1.9%減ったものの、一般会計は1.7%増となった。
 一般会計が前年度当初を上回るのは4年ぶり。しかし、これは台風23号復興関連予算が盛り込まれたためで、この予算を差し引いた通常ベースは7885億円となり前年度当初比1.8%の減少となる。
 府北部関連では舞鶴港特別整備費に約6億円、「丹後海と星の見える丘公園」に宿泊棟などを建設するため約5億円などが盛り込まれた。
情報、ご要望をメールでお寄せ下さい >> Click
台風23号の公共土木災害査定、府北部は2414カ所

 京都府は8日、昨年10月の台風23号による公共土木施設の災害査定結果を発表した。
 府北部分だけをみると、災害個所は2414カ所で全体の79.5%を占め、査定額は273億953万円で同じく86.3%を占めている。
 土木事務所別で査定額が最も高かったのは、由良川のはんらんで大きな被害を受けた大江町をエリアにもつ中丹西土木事務所で、査定額は90億9317万円だった。
北近畿のデータなど
●金融公庫舞鶴支店の設備投資調査、今年の予定は21%で大半がやむなく
●1月の企業倒産、丹波市氷上町で1件発生
●1月の手形交換、舞鶴など3交換所で前年同月上回る
●1月の建築確認申請受理件数、府北部の大幅減続く。兵庫丹波も2カ月連続で減少
●競売予定(柏原、豊岡支部)、競売結果(福知山、舞鶴、宮津支部)
●連載企画「経営者のための労働法基礎講座20」
●連載企画「学校再発見!金の卵と鶏(府立峰山高校1)」
両丹経済新聞社:綾部市川糸町丁畠4-1 TEL0773(42)6800