両丹経済新聞オンライン版 2005年1月21日
北近畿のビジネス情報源両丹経済新聞トップニュースファイル>データ
 ニュースピックアップ  ヘッドライン
天橋立観光協会が社団法人化

 宮津市鶴賀のKTR宮津駅舎内に事務局を置く天橋立観光協会(宮崎劭会長)は、24日に法人の設立総会を開き社団法人天橋立観光協会として組織を一新する。
 法人化し社会的信用を高めるとともに、組織力を強化し、より公益性のある団体にするのが目的。
  会員には観光関連業種以外に酒やしょうゆなどの製造業者も加入しており、このような異業種と交流することで観光業者の活性化を期待する声もある。
 府内で法人化している観光協会は宇治市観光協会だけで、天橋立観光協会は2例目となる。
福知山
●京都創成大、2期生の内定率96%に
●三和町で特公賃と分譲宅地の建設工事が本格化
●日産京都北販売、中古車販売店「U・タウン福知山」を開設T

舞鶴
●舞鶴商議所、ポイントカードの有功活用法を研究
●トマトアンドアソシエイツ、新業態「からうま屋」を出店

綾部
●府綾部工業団地でエネサーブが起工式=写真


宮津・京丹後・与謝
●CSオートネットワーク、野田川に全国最大級の「ガリバー」出店

兵庫丹波・篠山
●春日ふるさと振興、道の駅整備で3月から建物建設に着手
●「Cafe deふくむら」が開店

豊岡・養父・但馬
●但東町に「町営如布団地」=写真=が完成


福井小浜・若狭(嶺南)
●小浜に「ファミリーマート」と「ミニストップ」がオープン

京丹後市がネットにショッピングモールに出店

 京丹後市は今春、実証実験としてインターネット上の大手ショッピングモールに地場産品を販売する「京の丹後屋」(仮称)を出店する。
 同市は来年度以降、丹後の魅力を発信する拠点施設を京阪神や首都圏に設置する計画で、このネット通販で得られた市場ニーズをフィードバックさせ、今後の事業展開について方向性を探る。
情報、ご要望をメールでお寄せ下さい >> Click
府の「現代の名工」「明日の名工」に北部から3人表彰

 京都府は17日、今年度の優秀技能者表彰「現代の名工」と、青年優秀技能者奨励賞表彰「明日の名工」に選んだ28人を表彰した。
 現代の名工には府北部から唯一、福知山市半田で電気工事業を営むアサノ電気の麻野哲さん(68)が選ばれた。
 若手の明日の名工には四方昭生さん(福知山市土の四方電工勤務)と、糸井正拡さん(京丹後市峰山町の日進製作所勤務)の2人が表彰を受けた。
北近畿のデータなど
●12月の建築確認申請受理件数、府北部は4カ月連続で減少
●11月と12月の車庫証明、台風被害で大幅アップ
●12月の手形交換、全所で前年水準を下回る
●12月の高速道路の交通量、舞若道12月では最高に。縦貫道はすべて2けた増
●04年企業倒産概況、府内の件数は過去2番目の多さ。兵庫県内は件数、金額とも減少
●連載企画「経営者のための労働法基礎講座」
●競売予定(福知山、柏原、豊岡支部)
両丹経済新聞社:綾部市川糸町丁畠4-1 TEL0773(42)6800
両丹経済新聞オンライン版に使用している記事、写真、図画はすべて株式会社両丹経済新聞社もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文のまま、もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹経済新聞社へご連絡下さい。