両丹経済新聞オンライン版 2005年1月12日
北近畿のビジネス情報源両丹経済新聞トップニュースファイル>データ
 ニュースピックアップ  ヘッドライン
飛翔の酉年に期待を込めて
府北部4市で新年互礼会(賀詞交歓会)


 2005年が明けて、企業活動が本格化した。 府北部の4商工会議所でも4、5日の両日「新年互礼会(賀詞交歓会)」を開き、今年の決意を新たにした。
 会頭のあいさつで、福知山は「駅周辺整備」や「市町合併」による期待を挙げ、舞鶴は企業誘致、綾部はTMOの具体化、宮津は市街地観光ルートの創出に取り組むなどの抱負を述べた。
総合
●年頭企画「2005年業界における展望と課題」
〜府北部の経営者ら12人の寄稿〜

 京都銀行福知山支店支店長
 京都北都信用金庫理事長
 国民金融公庫舞鶴支店支店長
 天橋立観光協会会長
 丹後織物工業組合理事長
 トマト&アソシエイツ社長
 さとう社長
 舞鶴倉庫社長
 ハクレイ酒造社長
 六和証券社長
 日産野田川販売社長
 佐古田電器専務
  (順不同)

福知山
●福島文進堂が府内初の「ハードオフ」を出店
●100満ボルト福知山店が1995平方mに増床オープン

舞鶴
●ラバンダ、4月に「フィトテラピスト」養成校を開設
●一ノ宮神社境内に「まいづる茶屋」がオープン

綾部
●あやべ健康プラザに「特別プログラム」導入


豊岡・養父・但馬
●但東町に農産物直売所「旬の里のぼりお」がしゅん工
●オートバンク和田山店に車検・板金塗装工場が完成

関西電力が舞鶴で竹炭の研究所を稼働

 関西電力は、竹を炭化させて有効利用し、新たな竹の生育によって大気中の二酸化炭素吸収量を増やす研究施設「舞鶴CO2竹炭固定・有効利用実験センター」を舞鶴市多祢寺に建設し、このほど稼動させた。
 来年度から炭の活用方法について研究をし、翌年度は現地で水質や土壌改良、藻場などの現地実験を予定。
 販路開拓や事業化の方向についても研究をする。
情報、ご要望をメールでお寄せ下さい >> Click
CATV実現に向けて推進活動
京丹後市広域ネットワーク推進委


 京丹後市内の電気工事業者ら75社で構成する任意団体「京丹後市広域ネットワーク推進委員会」(森竹次郎会長)は、大容量の高速通信網整備によるケーブルテレビ(CATV)の実現に向けた推進活動を行っている。
 昨秋には同市峰山町杉谷で開かれた産業文化祭で、デジタルテレビとインターネットを融合させたイメージ放送を流し、CATVで何ができるのか広くアピールした。
北近畿のデータなど
●12月公示の高額所得法人、公示企業18社中1億円を超えたのは6社
●11月の公共工事動向、県北中部の大型工事は2件
●11月の電力概況、福知山と宮津で産業用が伸びる
●11月の有効求人倍率、峰山が約8年ぶりに1倍超
●12月1日の推計人口、引き続き府北部での減少が激しく
●国、府県、市の土木入札結果
●競売予定(京都地裁宮津、舞鶴支部)(近畿財務局舞鶴出張所)
両丹経済新聞社:綾部市川糸町丁畠4-1 TEL0773(42)6800
両丹経済新聞オンライン版に使用している記事、写真、図画はすべて株式会社両丹経済新聞社もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文のまま、もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹経済新聞社へご連絡下さい。