両丹経済新聞オンライン版 2004年12月1日
北近畿のビジネス情報源両丹経済新聞トップニュースファイル>データ
 ニュースピックアップ  ヘッドライン
長田野工業団地 03年度の出荷額2000億突破

 福知山市長田野町にある長田野工業団地は、2003年度の年間出荷額が2000億円を突破し、過去最高となった。1972年に一部企業が操業を開始して以来、市の財政や地元雇用、人口などの面で、同団地が果たしてきた役割は大きい。
 03年度、福知山市の法人市民税は12億4644万円(決算ベース)で、このうち長田野企業が28.5%を占める。
 原油高など先行きの懸念材料もあるが、最近では長田野へ生産拠点を集約する立地企業も目立ち、今後もさらなる発展が期待されている。
福井小浜・若狭(嶺南)
●公立小浜病院、精神病棟や医師公舎=写真=など建てる

兵庫丹波・篠山
●スーパー「ニシヤマ篠山店」がリニューアル
●丹波県民局などがリーフレット「丹波が最高」を作成

豊岡・養父・但馬
●但東町、シルク温泉などの経営を3セクに移譲
●養父市に「関宮農村交流ターミナル」=写真=が完成

福知山
●京都ルネス病院、PET総合画像診断センターが着工
●中兵庫信金が「昭和通支店」を新設

舞鶴
●福邦銀行舞鶴支店が新築移転
●ガリバー舞鶴店が移転オープン

綾部
●綾部市立病院で院外処方箋システムがスタート
●炭焼き同好会が新商品を開発

宮津・京丹後・与謝
●旅館「海遊」が温泉掘削工事
宮津野田川道路第12トンネルいよいよ掘削工事へ
 鳥取豊岡宮津自動車道

 11年頃の開通を目指して工事が進んでいる鳥取豊岡宮津自動車道宮津野田川道路のうち、宮津市須津と同市喜多を結ぶ第12トンネル工区の安全祈願祭が11月17日、須津側の抗口で行われた。
 掘削工事の本格化に伴うもので、09年3月の完成を目指して工事を進める。
 今年5月に掘削工事に着手したもう1カ所の第13トンネルは来年度早々に貫通する見込みになっている。
情報、ご要望をメールでお寄せ下さい >> Click
グンゼ04年度中間決算、中間純利益が黒字転換

 綾部市青野町に登記上の本社を置く大手繊維メーカーのグンゼ(小谷茂雄社長)は11月9日、04年度中間期連結決算を発表した。
 それによると、中間純利益は35億9300万円で前年同期の赤字から黒字に転換した。
 売上高、営業利益、経常利益とも前年同期の水準を上回っており好調な内容となっている。
北近畿のデータなど
●10月の公共工事、府内は件数と金額とも大幅減。県の請負額は3割減少
●10月の電力消費概況、消費量合計が福知山と宮津で10月の最高に
●国、府県、市の土木入札結果
●競売結果(柏原支部)
●食品営業許可
●連載企画「経営アドバイス」
両丹経済新聞社:綾部市川糸町丁畠4-1 TEL0773(42)6800
両丹経済新聞オンライン版に使用している記事、写真、図画はすべて株式会社両丹経済新聞社もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文のまま、もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹経済新聞社へご連絡下さい。