両丹経済新聞オンライン版 2004年11月11日
北近畿のビジネス情報源両丹経済新聞トップニュースファイル>データ
 ニュースピックアップ  ヘッドライン
府綾部工業団地が完売、立地企業は20社に

 綾部市城山町と、とよさか町にまたがる府綾部工業団地に総合エネルギーサービス業のエネサーブ(本社・大阪市中央区、深尾勲社長)の立地が1日、決まった。
 年内にも建設工事に取り掛かるという。これで同工業団地の用地は19区画すべて売却を完了した。
 今年3月末の同工業団地の年間製造品出荷額は497億1922万円、従業者数は1773人。
 両丹経済新聞が立地企業に独自調査したところ、京都縦貫自動車道の早期全面開通や団地内にコンビニエンスストアなどを望む声がある。
兵庫丹波・篠山
●氷上郡6町が合併した「丹波市」が船出=写真
●いちじま丹波太郎が飲食店「米っ粉工房」開設

豊岡・養父・但馬
●日高町、村おこしへ地元素材使った飲食店を建設
●国税庁、豊岡と城崎を国税の申告期限など延長地域に指定

福知山
●機械・金属業界の活性化に関係団体が懇談会
●積水ハウスが木造住宅「シャーウッド」の展示場開設

宮津・京丹後・丹後
●加悦町商工会、今年も振興商品券を発売
●宮津に丹後初のミニストップ
●JA京都丹後、台風で倒壊したパイプハウスをボランティアで撤去=写真

舞鶴
●舞鶴実業会事業協組が設立30周年
●電気設備工事のアート、ISO9001を取得

綾部
●商工会議所の新会頭に松田安弘氏
●日東薬品工業綾部工場で菌体培養棟が稼働

福井小浜・若狭(嶺南)
●青池学園医療福祉専門学校、4月に「医療秘書科」開設
カ二シーズンが本番!台風被害は影響なし

 いよいよカ二シーズンが到来した。今年、カニシーズンに向けて延べ床面積500平方m以上の施設を建設して開業する業者は京丹後市内で3軒ある。
 台風23号が各地に被害をもたらしたが、同市内の主な観光協会によると、今は落ち着きを見せ、11月以降の予約には影響ないという。
 だが、いまだに道路が不通のところもあって直行バスのルートを変更せざるをえない状況もあり、「道路を早く元通りにしてほしい」と話す関係者もいる。
情報、ご要望をメールでお寄せ下さい >> Click
福井県の上中町と三方町が合併協定に調印

 福井県嶺南地方の遠敷郡上中町と三方郡三方町の合併協定調印式が10月21日、三方町鳥浜の「ショッピングプラザレピア」で行なわれ、来年3月31日の「若狭町」誕生へ向けて新たなステップを踏んだ。
 10月28日に西川一誠県知事に廃置分合申請書の提出を済ませ、今後は年内に県議会や知事の決定を受けて国へ届ける予定。
 来年1月の官報公示を目指している。
北近畿のデータなど
●高額所得法人、10月公示は7社
●国民金融公庫の商況調査、府北部は足踏み。但馬は若干の改善
●10月1日推計人口、府北部だけで2159人減少
●9月の有効求人倍率、福知山は1.2倍に
●10月の高速道交通量、台風23号で通行止め続出
●競売予定(福知山、宮津、豊岡、柏原支部)、結果(豊岡支部)
●国、府県、市の土木入札結果
●連載企画「学校再発見金の卵と鶏」(府立久美浜高校)
両丹経済新聞社:綾部市川糸町丁畠4-1 TEL0773(42)6800
両丹経済新聞オンライン版はリンクフリーです。あなたのサイトからのリンクを歓迎いたします。詳しくは>>Click
コンテンツページはURLが変わることがありますので、リンクはトップページ http://www.r-keizai.com/ にお願いします。
両丹経済新聞オンライン版に使用している記事、写真、図画はすべて株式会社両丹経済新聞社もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文のまま、もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹経済新聞社へご連絡下さい。