両丹経済新聞オンライン版 2004年10月1日
北近畿のビジネス情報源両丹経済新聞トップニュースファイル>データ
 ニュースピックアップ  ヘッドライン
小浜市で産学官の「経済活性化戦略会議」設立
 年内に中間的まとめを提言


 小浜市の経済の現状や課題を明確化し、活性化のための具体的な取り組みを提言していく「小浜市経済活性化戦略会議」が、9月17日に発足した。
 まず、今年度内に中間的なまとめを村上利夫市長に提言し、その後も検討を続けて活性化の道を切り開いていくことにしている。
 戦略会議以外にも、市は活性化の方策として会議所との連携で「商工業経営者育成講座」を10月から開始。今後の商工業界を担い、商工関係者をリードしていく「人財育成」を進める。
福知山
●サンキン、長田野工業団地に新工場建設。最新鋭溶接機導入し、年間出荷額40億円規模に
●京阪工技社福知山支店が新社屋で業務開始
●セイリョウ建設,社内に「ヤフーBB」の専門ショップ

綾部
●綾部市土地開発公社が「的場団地」=写真=の分譲開始。農家出身の条件を撤廃
●マツモトあやべ店が大幅リニューアル

舞鶴
●舞鶴汽船の事業廃止で定期船運行の新規参入可能に
●釣り用品のリサイクルショップ 「パワースポーツ」開店
●分譲マンション「ポレスター東舞鶴駅前」が完成
●中舞鶴にセレモニーホール完成

宮津・京丹後・与謝
●丹後福祉会、特養ホーム「第二丹後園」=写真=が起工
●加悦町で「府営明石団地」の建設着々

篠山・氷上
●高橋工業のディスプレイハウスが好評

豊岡・養父・但馬
●豊岡と養父に「ローソン」が3店オープン
●和田山に「祥漢堂」が初出店

「きのさきフィルムコミッション」が発足
 温泉街の景観生かして撮影誘致

 温泉街としての景観を生かし、映画やテレビのロケを誘致しよう―と、城崎町温泉協会の有志9人がこのほど、「きのさきフィルムコミッション」(樋口雅基代表)を設立した。
 樋口代表は「城崎の素晴らしい景観を全国にアピールし、観光誘客につなげたい」と話している。
 今後はホームページを通じてロケ地を紹介するほか、近く候補地を紹介する冊子も作成する予定。
情報、ご要望をメールでお寄せ下さい >> Click
基準地価 府県とも下落に歯止めかからず

 京都府と兵庫県は9月22日、7月1日現在の地価調査(基準地価)を発表した。
 それによると、両府県ともに下落傾向は続いており、府側は住宅地、商業地ともに14年連続のダウン。県側は住宅地が14年連続、 商業地が13年連続の下落となった。
北近畿のデータなど
●夏休み期間中の丹後の観光客、多くの施設で前年実績下回る
●8月の公共工事動向、府北部の大型工事発注は2件
●8月の電力消費、酷暑が影響し2カ月連続で増加
●競売予定(豊岡、柏原支部)、結果(宮津支部)
●国、府県、市の土木入札結果
両丹経済新聞社:綾部市川糸町丁畠4-1 TEL0773(42)6800
両丹経済新聞オンライン版に使用している記事、写真、図画はすべて株式会社両丹経済新聞社もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文のまま、もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹経済新聞社へご連絡下さい。