両丹経済新聞オンライン版 2004年9月21日
北近畿のビジネス情報源両丹経済新聞トップニュースファイル>データ
 ニュースピックアップ  ヘッドライン
公共施設の運営委託「指定管理者制度」
 府北部の自治体で導入へ準備着々


 スポーツ施設や社会福祉施設、都市公園など、「公の施設」の管理運営を民間業者やNPO法人なども請け負えるようにする「指定管理者制度」の導入が、全国の自治体で進んでいる。
 府北部でもすでに、舞鶴市や福知山市で1施設ずつ適用しており、今後、他の市町でも導入が進められる。
 同制度の導入を大きなビジネスチャンスととらえて多角経営に結びつけようと考える事業所や、この業務によって創業を目指す事業者もおり、今後は請け負うための激しい競争も生じるとみられる。
広域
●10月末から合計50日間、舞鶴若狭道の一部で料金割引実験

福知山
●三ツ丸ストア、本社所在地の篠尾店を「業務スーパー」に転換
●中兵庫信金が北都信金の旧支点を買い取り、11月末に「昭和通支店」=写真=を開設

舞鶴
●トマトアンドアソシエイツ、新業態のトンカツ店を西宮市に出店
●「JoyJoyゴルフ舞鶴店」がオープン

綾部
●危険な「西町踏切」拡幅へ

宮津・京丹後・与謝
●プラテック、加悦町に固形燃料プラント稼働

篠山・氷上
●氷上町の幹線沿いにテナント用建物完成

豊岡・養父・但馬
●但馬銀行八鹿支店=写真=が新築移転

●山東町のヒラタ、麦焼酎「但馬の里」を発売

福井小浜・若狭(嶺南)
●大飯ふるさと振興公社のミネラルウオーター「滝水ひめ」が好評

石原・国交相ら迎え京丹後市で「タウンミーティング」

 京丹後市峰山町の府丹後文化会館で11日、小泉内閣の閣僚と国民が対話する「タウンミーティングイン京丹後」(内閣府と京丹後市共催)が、石原伸晃・国土交通大臣(観光立国担当大臣)らを迎え開かれた。
 テーマは「観光立市を目指して」で、参加者からは「観光発展には高速道路の整備が必要」など活発な意見が出された。
情報、ご要望をメールでお寄せ下さい >> Click
輸出入とも中国との取引が最多
 舞鶴港今年上半期の貿易概況

 舞鶴市松陰の大阪税関舞鶴税関支署は、今年上半期(1―6月)の管内の貿易概況をまとめた。
 輸出額は船舶輸出がなかった影響などで、前年同期比58.2%減の40億2800万円。逆に輸入額は同68.1%増の185億8700万円だった。
 輸出入バランスは145億5800万円の輸入超過で、12期連続の入超。入超金額は、1979年以降では最高額となった。
北近畿のデータなど
●8月の倒産、府内は今年最少の倒産件数。県内は大型倒産で総額激増
●8月の手形交換、交換高が1割以上も増える
●7、8月の車庫証明、8月は6署で増加。今年最高の伸び示す
●国、府県、市の土木入札結果
●競売結果(柏原支部)
両丹経済新聞社:綾部市川糸町丁畠4-1 TEL0773(42)6800
両丹経済新聞オンライン版に使用している記事、写真、図画はすべて株式会社両丹経済新聞社もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文のまま、もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹経済新聞社へご連絡下さい。