両丹経済新聞オンライン版 2004年8月11日
北近畿のビジネス情報源両丹経済新聞トップニュースファイル>データ
 ニュースピックアップ  ヘッドライン
舞鶴市と福知山市が国へ特区提案

 舞鶴市と福知山市は6月下旬、構造改革特区の第5次募集に対し、それぞれの提案をした。特区は、特定地域の規制緩和によって地域振興を図るもので、両丹地方ではこれまでに綾部市と市島町が認定を受けている。
 舞鶴市は農業振興を通じて活性化を図る「まいづる農業再生・農村創造特区」、福知山市は土地区画整理事業で生まれる保留地の早期完売を目指す「保留地売却促進特区」の提案。それぞれ9月に提案内容の認定・不認定の決定があり、認定された場合は10月に計画認定申請をし、最終的に内閣総理大臣の認定を受け、特区が誕生する。
 第5次募集には、京丹後市も「市民参加による幹線道路整備促進構想」を提案している。
広域
●北都信金と中信が企業のインターネット利用についてアンケート。府北部の企業は7割以上が利用。9割が興味を持っていた。兵庫丹波の企業は6割が利用、8割が興味示す

福知山
●道下工務店が本社2階にショールーム開設

舞鶴
●京都府が舞鶴にIT拠点施設を開設=写真
●「舞鶴発電所」の1号機が4日から稼働
●「あいメモリー」と「シティーホール」、相次ぎ斎場オープン

宮津・与謝・京丹後
●積水ハウス、分譲宅地「アゼリアガーデン宮津」を開発
●丹後北都不動産がISO14001を取得
●京丹後市内に初のローソン。大宮町周枳店が開店

綾部
●来春の統合に向け、中上林小学校の校舎を改修

篠山・氷上
●春日町が初の学童保育施設に着工

豊岡・養父・但馬
●但東町が高龍寺地区で温泉掘削=写真
●豊岡市内に2店目のローソン。豊岡大手町店が開店

福井小浜・若狭(嶺南)
●福井県土地開発公社が高浜町に60区画の宅地「坂田グリーンタウン」を造成、販売
宮津・与謝合併協、事実上解散

7月29日、宮津・与謝1市4町の第20回合併協議会が野田川町四辻の「野田川わーくぱる」で開かれ、野田川町が同協議会からの離脱を表明していた問題にからみ、協議会を休止することが承認された。活動再開のめどは立っておらず、これで同協議会は事実上の解散となった。野田川町の職員と岩滝町の職員で、合併した場合のシミュレーションを始めている。
情報、ご要望をメールでお寄せ下さい >> Click
豊岡の下落率、近畿で最大 04年分路線価

 国税庁は2日、相続税や贈与税の算定基準となる04年(1月1日現在)分の路線価を全国の国税局と税務署で公表した。
 北近畿の路線価も下落傾向が続き、今年は各地で大きく下がっているのが目立つ。
 中でも、豊岡市大手町(JR豊岡駅前商店街)の下落率は21.4%となり、大阪国税局管内(近畿2府4県)で最も大きな下げ幅になっている。
北近畿のデータなど
●7月の高額所得法人、府北部の増益企業4社、県北中部は7社
●国民生活金融公庫舞鶴、豊岡支店の商況調査、北近畿の業況感は回復傾向
●6月の有効求人倍率、前年同月比が好調に推移
●7月1日推計人口、前月比3人増の64万1966人
●競売予定(柏原支部)、結果(豊岡支部)
両丹経済新聞社:綾部市川糸町丁畠4-1 TEL0773(42)6800
両丹経済新聞オンライン版に使用している記事、写真、図画はすべて株式会社両丹経済新聞社もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文のまま、もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹経済新聞社へご連絡下さい。