両丹経済新聞オンライン版 2004年4月12日
北近畿のビジネス情報源両丹経済新聞トップニュースファイル>データ
 ニュースピックアップ  ヘッドライン
京都縦貫道北区間開通から1年−
  観光や商業に様々な変化


 京都縦貫自動車道綾部宮津道路が全線開通してから3月1日で丸1年が経過した。同道路は綾部七百石町の綾部ジャンクション(JCT)から宮津市今福の宮津天橋立インターチェンジ(IC)までの延長23.4km。この1年に同ICを利用した車は94万6343台、1日平均だと約2600台となる。
 昨年春の大型連休や夏休みともに観光入り込み客は増加している。
 同市内の駐車場では利用台数が10%以上の伸び。伊根湾めぐりの観光船などを運営している丹後海陸交通では、客数が平均して15%程度アップしたという。
 また、これまで少なかった中国・四国からの客が目立っているようだ。
福知山
●夜久野町の文化・保健福祉複合施設=写真=、来年1月の完成めざし着工
●ダッチオーブン料理「あじ工房風」、中六人部地区にオープン

舞鶴
●「旅サロンまいづる」が南田辺に開店
●かまぼこの「山源」惜しまれながら廃業

綾部
●永井記念財団、永井奨励賞に「夢市場」と「綾部の酒を造る会」
●「安国寺ロードパーキング」できる

宮津・与謝、京丹後
●宮津市、大黒山公園がしゅん工
●カニ・キトサン活用協議会、11月からキトサンの精製など進める
●峰山鉄工所、ISO9001を取得

篠山・氷上(丹波)
●氷上町のSC「ゆめタウン」、新たにテナント3店がオープン
●中山綾部線のバイパスが供用

豊岡・養父・但馬
●但東町、「たんとうシルクドーム」=写真=が完成
●鍋倉金属、旧但東中跡を取得しエリンギの生産拠点に

福井小浜・若狭(嶺南)
●舞鶴若狭道の小浜―敦賀間で初の用地買収

綾部のTMO設立へ基本計画報告

 綾部市の中心市街地活性化基本計画策定委員会が同市から依頼を受けていた中心市街地活性化基本計画がまとまり、このほど、その内容を市長に報告した。
 主な事業としては、綾部駅北に新しい商店街を整備することや屋台村設置、商店街の景観統一などが挙げられている。
 今後は今年度内にTMO設立のための委員会を設けて準備を進めていく。
情報、ご要望をメールでお寄せ下さい >> Click
金融公庫舞鶴と京都北都信金、創業支援へ業務を連携

 相互連携によって新規開業者を支援していこうと、国民生活金融公庫舞鶴支店と京都北都信用金庫は3月30日、「業務連携・協力に関する覚書」を取り交わした。
 同公庫の京都支店と京都銀行、京都信用金庫の間でも、すでに同様の覚書が交わされており、府北部でも創業相談窓口の選択肢が拡大した。
北近畿のデータなど

●3月の法人所得、連続公示のうち増益は5社、減益は6社に
●2月の有効求人倍率、福知山は1倍台を維持
●3月1日推計人口、府北部と兵庫丹波、但馬とも減少
●連載企画「学校再発見・金の卵と鶏」=府立網野高校=
●国、府県、市の土木入札結果
●競売予定(柏原支部、豊岡支部)
両丹経済新聞社:綾部市川糸町丁畠4-1 TEL0773(42)6800


京都府北部地方新聞連合会加盟社サイト
福知山のニュース両丹日日新聞 i-福知山 亀岡市民新聞 あやべ市民新聞 タウンタウン
福知山の新聞 携帯版 亀岡の新聞 綾部の新聞 タウン誌