両丹経済新聞オンライン版 2004年3月1日
北近畿のビジネス情報源両丹経済新聞トップニュースファイル>データ
 ニュースピックアップ  ヘッドライン
京都府 新年度はベンチャー育成事業に力注ぐ

 京都府は新年度予算案で、新規創業支援やベンチャー企業支援などに厳しい中から多くの予算を割いた。
 既存の枠組みにとらわれず、新たな視点からの取り組みで府内の経済を活性化させるのが狙い。
 ものづくり系ベンチャーを対象にした「地域ものづくり産業育成ファンド」は、 06年度までの3カ年事業で、1企業あたり約1億円を限度に最低でも8企業へ投資。
世界を視野に優秀なベンチャー企業を誘致・育成する「世界的ベンチャー誘致・育成ファンド」は、ナノテクノロジーや新素材分野の国内外のベンチャー企業を対象にする予定で、5億円程度を5件前後に出資する。
 小売業関連では、「商業ベンチャー育成等空き店舗活用事業」 として1千万円が計上されている。
福知山
●京都中小企業家同友会、「QCサークル実践講座」の発表会開く

舞鶴
●たちばなやが「手打ちうどん凡愚」を開店
●ユニバーサル造船舞鶴事業所で海自補給艦「おうみ」進水

綾部
●高津に京都保健会の京都協立病院=写真=が完成
京都協立病院

宮津・与謝、丹後(京丹後)
●丹後6町商工会、08年4月を目標に合併方針固める
●宮津・与謝合併協、野田川町長脱会の意向示す=写真
脱退の意向を示す野田川町長
●峰山町に葬儀会館「まごころ会館」開設

篠山・氷上(丹波)
●市島町、前山小学校の校舎建て替え工事が完了

豊岡・但馬
●竹田家具、本店全面移転を機会に新たな展開
●但東町に相田交流館「なつつばき」が完成


兵庫県新年度予算案 一般会計2兆938億円で0.4%減

 一般会計が前年度当初比0.4%減の2兆938億円、これに特別会計と企業会計を加えた全会計が同1.3%増の3兆4579億円となる兵庫県の04年度当初予算案が、2月24日に発表された。
 景気の回復基調を受けて税収の減少は一定の歯止めがかかるが、地方交付税などが500億円以上減って財政状況の厳しさは変わらない。
 緊急・臨時的な措置として退職手当債の発行と企業会計からの借り入れで各100億円を確保し、前年度並みを確保した。
情報、ご要望をメールでお寄せ下さい >> Click
日東精工03年度決算 コストダウンで減収増益

 東証、大証の一部に上場する工業用ねじなど製造業、日東精工(本社・綾部市井倉町、由良龍文社長)は2月20日、同社の03年度12月期連結決算を発表した。
 それによると、売上高は271億2600万円で前年度比1.5%減、当期純利益は2億4900万円で同142.0%も増加した。
 これは、採算性に優れた商品を開発したことに加え、コストダウンを目的とした生産システムの改革に力を入れたことなどが要因とみられる。
北近畿のデータなど

●04年度第3四半期事業概要の累計、代位弁済額前年比15%減
●1月の公共工事動向、府北部の大型工事は3件。県北中部は2件
●1月の電力消費、宮津が産業用と家庭用ともに減少
●競売予定(福知山、舞鶴、柏原、豊岡支部)
●建築確認申請●食品営業許可


両丹経済新聞社:綾部市川糸町丁畠4-1 TEL0773(42)6800


京都府北部地方新聞連合会加盟社サイト
福知山のニュース両丹日日新聞 i-福知山 亀岡市民新聞 あやべ市民新聞 タウンタウン
福知山の新聞 携帯版 亀岡の新聞 綾部の新聞 タウン誌