両丹経済新聞オンライン版 2004年1月21日
北近畿のビジネス情報源両丹経済新聞トップニュースファイル>データ
 ニュースピックアップ  ヘッドライン
「京丹後市」の発足まであと2カ月余
準備局は事務作業大詰め

 丹後6町(峰山、大宮、網野、丹後、弥栄、久美浜)の合併で4月1日に発足する「京丹後市」の誕生まで、あと2カ月余となった。現在、予算案の作成などを進めている京丹後市準備局では作業も大詰めを迎え、1月28日に開かれる合併協議会では市章が決まる。年明けには、各地に合併をPRする啓発看板などが姿を現し、平成の大合併では府内第1号となる新市発足が目前に迫った。
 新組織は、本庁機能がすべて現・峰山町役場に入りきらないため分庁方式とする。6町の役場には市民局を設置し、税務など直接住民に関係ある窓口はそのまま残すこととなり、各庁舎では既存施設の改装工事を急ピッチで進めている。
 市長と市議会議員の選挙は5月中旬に行われ、市長の選出と議会の発足後、6月定例議会で本予算を上程し、7月から本格的に動き出す。
福知山
●東建コーポレーション、支店を開設し北近畿で営業展開
●福知山BGM福祉サービスが府北部全体での活動視野にNPOセミナー

舞鶴
●舞鶴に「パブリックカフェ」がオープン
●舞鶴市が水洗化計画を見直し

綾部
●積水ハウス、市街地に21区画の宅地整備
●様々な機械の修理を請け負う「くふう工房」が開設

宮津・丹後
●丹後町に「成願寺女性・若者等活動促進施設」=写真=が完成
成願寺女性・若者等活動促進施設

篠山・氷上
●竹田バイパス=写真=10月に全線開通へ
竹田バイパス

●丹波地域中小企業支援センター、24日から創業塾を開催

豊岡・但馬
●城崎町、公営ガス事業を大阪ガスに譲渡
●但東町、町内2カ所目の高齢者生活支援センター


不用木材を燃料に活用

 宮津市と岩滝町の建設業者などで組織する「匠の会」(大村利和会長)が岩滝町男山で建設していた不用木材を燃料にするためのプラントが完成し、13日から稼働した。
 会員企業から出た不用木材のリサイクルが目的で、匠の会は「木材を使用する業者の取り組みとして先進的な事例になれば」と話している。
情報、ご要望をメールでお寄せ下さい >> Click
京都ケータリングが舞鶴に誕生

 病院や福祉施設、事業所など向けの給食や食事を作り配送する企業が舞鶴市公文名に設立され、3月15日の開業を目指して準備が進められている。
 この企業は京都ケータリング(林田光弘社長)で、02年3月に設立された。飛行機の機内食と同様のシステムを導入してチルド保存と適温の配食を可能にした。本社所在地にちゅう房などを備えた「セントラルキッチン」を新築しており、当面は府北部と近隣地域をエリアに営業展開を図る。
北近畿のデータなど

●12月の建築確認受理件数、舞鶴が4割超える伸び
●12月の高速道路の交通量、舞若道が2年ぶり90万台に
●03年の企業倒産概況、京都、兵庫とも件数、負債額が減少
●府北部の車庫証明、11、12月そろって減少。年間では1001件もダウン
●12月の手形交換、久しぶりに1けた台の減少
●競売予定(舞鶴、宮津支部)
●国、府県、市の土木入札結果
両丹経済新聞社:綾部市川糸町丁畠4-1 TEL0773(42)6800


京都府北部地方新聞連合会加盟社サイト
福知山のニュース両丹日日新聞 i-福知山 亀岡市民新聞 タウンタウン
福知山の新聞 携帯版 亀岡の新聞 タウン誌