両丹経済新聞オンライン版 2003年12月01日
北近畿のビジネス情報源両丹経済新聞トップニュースファイル>データ
 ニュースピックアップ  ヘッドライン
就職内定状況 わずかに改善の兆し見える
03年度新規高卒予定者

 来春、府北部の高校を卒業する生徒の9月末現在での就職内定率は45.6%で前年同期比3.8ポイント上昇した。
 府北部にある3公共職業安定所がまとめた新規高卒者の求人・求職状況で明らかになったもので、ここ数年下落傾向にあった内定率は久しぶりに上向いた。しかし、地域によっては前年同期を下回っているところもあり、楽観視できない状況が続いている。
 来春高校卒業予定者の9月末現在での就職希望者は、府北部全体で643人(前年同期比39人減)。
 男女別にみると男子は、167人(同13人増)の就職が決定しており内定率は46.4%で同4.2ポイント増えた。女子は、126人(同5人減)が内定を受けており内定率は44.5%で同3.2ポイント上昇した。
福知山
●「ニコニコプラザ」に温泉がゆう出
●京都中小企業家同友会福知山支部、後継者問題をテーマに例会

舞鶴
●初めてTMOが受託し小売商業懇談会=写真=を開催
小売商業懇談会

●「オートレットまいづる」が開店。アウトレットのタイヤなどズラリ

綾部
●酒蔵跡に食品メーカー「花伝院」が来春操業
●小貝橋の永久橋化着々進む

宮津・丹後
●京丹商事、宮津に観光ホテル「天橋立荘」を開業
●網野町、新・松岡団地=写真=の整備計画進む
松岡団地

篠山・氷上
●GFコールセンター丹波、骨髄ドナーのPRに取り組む
●「洋服の青山氷上店」が開店

豊岡・但馬
●但東町、「高齢者生活支援センター」しゅん工

グンゼ中間決算 経常利益は3割増える

 綾部市青野町に登記上の本社を置くグンゼ(小谷茂雄社長)は11月12日、03年度中間期連結決算を発表した。
 売上高は横ばい、経常利益は前年同期比33.3%増となっているものの、中間純損益はマイナス168億5500万円と増収減益の中間決算となった。これは、退職金給付会計の積み立て不足分298億4400円を特別償却として計上したことが要因となっている。
 今年度末の業績予想では、売上高が1650億円、経常利益が100億円、期末純損益がマイナス112億円でいずれも当初予想と変わらなかった。
情報、ご要望をメールでお寄せ下さい >> Click
舞鶴のマイギがワークフローソフトを開発・発売

 IT関連業のマイギ(本社・舞鶴市鹿原、波多野勝社長)は、稟議りんぎや報告・申請のやりとり(ワークフロー)などを効率化するコンピューターソフト「コラボリンク ビジネスフロー」を開発し、11月11日に全国発売した。
 ワークフローに拡張性を持たせ、他のシステムと連携してより効率的な業務をバックアップするもので、独自開発のソフトを発売したのは同社にとって初めて。年間40システムの販売を目指したいとしている。
 

北近畿のデータなど

●10月の公共工事、府内の請負額3カ月連続の減少。県北中部も低調
●10月の電力消費、家庭用が10%以上の伸び
●国、府県、市の土木入札結果
●競売結果(福知山、豊岡、柏原支部)

両丹経済新聞社:綾部市川糸町丁畠4-1 TEL0773(42)6800


京都府北部地方新聞連合会加盟社サイト
福知山のニュース両丹日日新聞 i-福知山 亀岡市民新聞 タウンタウン
福知山の新聞 携帯版 亀岡の新聞 タウン誌