両丹経済新聞オンライン版 2003年6月2日
北近畿のビジネス情報源両丹経済新聞トップニュースファイル>データ
 ニュースピックアップ  ヘッドライン
府北部の旧5信金、合併から7カ月
 経営基盤の強化へ着々

 府北部に拠点を置いていた京都北都、福知山、東舞鶴、舞鶴、綾部の旧5信用金庫が合併し「京都北都信用金庫」(本店・宮津市鶴賀、細見壽彦理事長)として再出発してから6月5日で7カ月になる。6月下旬には合併後初の総代会が開催される予定だが、今期決算(3月末)段階の自己資本比率は目標の8%を下回る見通し。
 本業での利益を示す業務純益は黒字計上の見込みだが、最終利益については、繰延税金資産の大幅な取り崩しで赤字となるなど厳しい結果となりそうだ。
 しかし、来期の単年度黒字には自信を深めており、経営基盤の安定へ向けた合理化や不良債権処理などを進めていく方針。
福知山
●福知山に116区画の住宅団地「城見台」=写真。電線は全て地中化
城見台

●長田野工業団地02年度の概況、出荷額が初めて1900億円突破

舞鶴
●ホテルマーレたかた、館内に無線LANシステムを導入
●舞鶴IT推進協議会、新会長に今西氏が就任
●トマトアンドアソシエイツ、和歌山と神戸に新店

綾部
●綾部市が「農村交流特区」に
●さがねスポーツ、駅前店が完成。小売りにも力注ぐ

宮津・丹後
●府峰山土木事務所、国道178号木津道路を整備
●丹後観光キャンペーン、総会で新年度事業などを承認=写真。夏休みに体験型観光モデルツアー実施
丹後観光キャンペーン

篠山・氷上
●氷上6町合併協、新市名見直しの要望の取り扱いなど協議

豊岡・但馬
●但東町の一部でADSLが使用可能に
●城崎町の大型連休中の外湯入浴者数、前年同期比13%ダウン

SARSに負けるな! 宮津市と出石町、観光客回復に正念場

 SARS(重症急性呼吸器症候群)に感染した台湾人医師が天橋立などを観光していた問題は、5月21日に山田啓二・京都府知事や徳田敏夫・宮津市長が「安全宣言」を出したことで一挙に落ち着きを取り戻した。
 国も23日には安全宣言を出しており、これで2次感染はないと、行政がお墨付きを出したことになるが、宮津市や出石町の観光業者にとっては、足が遠のいた観光客を取り戻すためこれからが正念場となりそうだ。
情報、ご要望をメールでお寄せ下さい >> Click
グンゼ03年3月期決算、事業の効率化で減収増益に

 綾部市青野町に登記上の本社を置く大手繊維メーカー、グンゼ(小谷茂雄社長)はこのほど、03年3月期決算を発表した。
 連結ベースでの経常利益は82億1100万円で、前期比11.6%増えた。
 売上高は1598億4800万円で同3.2%減となったものの、子会社の整理・統合を図るなどし事業の効率化を進めた結果、減収増益となった。

北近畿のデータなど

●4月の府北部公共工事動向、府内全体の請負額ダウン。丹波、但馬は増加
●4月の電力消費、寒さの影響で消費量大幅増加
●丹後の大型連休観光入り込み客、「あじわいの郷」など客数アップ
●国金豊岡支部景気動向調査、業況判断が3期連続改善
●競売予定(豊岡支部)●食品営業許可
●国、府県、市の土木入札結果

両丹経済新聞社:綾部市川糸町丁畠4-1 TEL0773(42)6800


京都府北部地方新聞連合会加盟社サイト
福知山のニュース両丹日日新聞 i-福知山 亀岡市民新聞 タウンタウン