両丹経済新聞オンライン版 2003年5月1日
北近畿のビジネス情報源両丹経済新聞トップニュースファイル>データ
 ニュースピックアップ  ヘッドライン
特別職の給与、17市町でカット 歳入減で職員報酬も

 新年度がスタートして1カ月がたった。両丹地方各市町の今年度予算も執行され始めたが、どこを見ても税収減などで厳しい対応を迫られている。収入が減ればどこかで節約しなければならないのだが、歳出減による行政サービスの低下だけでは納得されない。そこで、多くの自治体では特別職を含めて人件費の削減などに取り組み、住民と痛みを分かち合う姿勢を示そうとする所が多くなっている。
 一般職の給与については昨年、人事院勧告で2・03%カットされたこともあり、全市町で削減されている。特別職も府北部と氷上郡の17市町で本来の額を下回っている。中でも綾部市は、今年度の人件費を2億8525万円削減する計画で、来年度以降は3億円以上削減していく計画を立てている。
福井小浜・若狭(嶺南)
●高浜町、ハウディ青郷公民館=写真=が完成
ハウディ青郷公民館

福知山
●国交省03年度事業概要、河川国道事務所に129億円。福知山道路の堀高架橋上部工事など推進
●ゴルフショップ「クラブエイティーン」がグランドオープン

舞鶴
●舞鶴商工会議所、TMO構想を市へ提出=写真
舞鶴TMO
●フラワーショップ花優が2号店出店

綾部
●旧綾信支店跡がボランティア活動拠点と市消防署の分遣所に

宮津・丹後
●久美浜に「豪商稲葉本家」オープン
●京都北都信金などが防犯訓練

篠山・氷上
●氷上町の「ゆめタウン」にテナント4店相次ぎ開店

豊岡・但馬
●大屋町、工業集積団地に1棟目のレンタル工場が完成

舞鶴港の貿易動向 輸出額45%、輸入額53%増加

 舞鶴港の昨年の貿易は、金額は輸出入とも50%前後増えたが、貨物量は国内貿易(内貿)と国外貿易(外貿)の輸出が振るわず、合計は1割程度落ち込んだ。
 全体的に見ると、貿易額は単発の貨物によって引き上げられ、安定感には乏しい。
 貨物量はフェリーの不振ぶりが目立ち、高速船の導入など早期の対策が必要となっている。
情報、ご要望をメールでお寄せ下さい >> Click
豊岡市など但馬11市町、「グリーンツーリズム」で特区認定
 
 豊岡市と城崎、出石、美方3郡にまたがる1市10町が4月21日、国から構造改革特区の承認を受けた。
 「グリーンツーリズム特区」という名称で、近年の体験型観光の高まりを受け農園の貸し付けを自由化するなどの規制緩和をし、新たな観光資源とするのが目的。
 農園では株式会社や集落、NPOなどにも認められるようにする。ほかに、農林漁家への民泊を推進するために消防法の規制緩和も受ける。
 避難誘導施設や通報装置の設置義務が緩和されるもので、より簡易な施設での民宿経営が可能になる。

北近畿のデータなど

●02年度建築確認申請、4年連続で前年度下回る
●両丹地方4機関の1−3月の景気動向調査、「改善」と「悪化」が交錯
●1−3月の北部機械金属業界景況調査、回復傾向にブレーキ。業況判断一気に22ポイント下降
●3月の電力消費、寒さの影響で前年同月上回る
●公共工事動向、府内は3月の請負金額、44%ダウン。県北中部は丹波が金額、件数ともに増加
●国、府県の土木入札結果(1千万円以上)●食品営業許可
●建築確認申請●競売予定(福知山支部)
両丹経済新聞社:綾部市川糸町丁畠4-1 TEL0773(42)6800


京都府北部地方新聞連合会加盟社サイト
福知山のニュース両丹日日新聞 i-福知山 亀岡市民新聞 タウンタウン