両丹経済新聞オンライン版 2003年4月1日
北近畿のビジネス情報源両丹経済新聞トップニュースファイル>データ
 ニュースピックアップ  ヘッドライン
篠山市、合併から4年で特例債196億円を充てまちづくり

 市町村合併の検討が全国的に活発化しこれまで、両丹地方でも氷上郡と北丹、宮津・与謝の3地域で法定の合併協議会が設置され、細部にわたる協議が頻繁に行われている。そんな中、合併で1999年4月1日に誕生した篠山市が、1日で「4歳」を迎えた。
 同市では、合併特例債の起債などによってまちづくりを進めており、この情況は全国的にも注目を集めている。同市の特例債枠は210億6500万円。いまのところ12の事業に充てる方針で、すでに9事業に着手、うち多目的施設の整備など3事業が完了した。
 合併の効果として、広域の課題がすべて解決した▽職員の専門性が高まり質の高いサービス提供が可能になった▽広域的観点からのまちづくりができる―などを挙げ、今後の課題としては、施設の適正配置・統廃合や職員数の適正化の早期実現などとしている。
福井小浜・若狭(嶺南西部)
●福井県立大小浜キャンパスに「海洋生物資源臨海研究センター」=写真=完成
海洋生物資源臨海研究センター

福知山
●福天加1市3町、1日に法定合併協議会を設置
●「京都丹州木材協同組合」が発足

舞鶴
●舞鶴ホンダ、本社近くに展示場開設

綾部
●京都縦貫自動車道丹波綾部道路の一部、2.6キロが開通
●タマヤ、ISO14001を取得

宮津・丹後
●ハクレイ酒造、東京で共同経営の「日本酒バー」出店
●天橋立に外湯「智恵の湯」=写真=がオープン
智恵の湯
●大宮町、「南保育所」の建設工事を発注

篠山・氷上
●ミニストップ、市島町と氷上町の2店でFC店のオーナーを募集

豊岡・但馬
●和田山町に「あいす工房らいらっく」がオープン
03年の地価公示 府北部と兵庫丹波は全地点軒並みダウン

 国土交通省は3月25日、土地取引の価格指標となる03年(1月1日現在)の地価を公示した。これに基づき両丹地方の住宅地と商業地の動向をみると、府北部は前年1カ所だけだった上昇地点も当年は下落し、調査対象65地点すべてでダウン。兵庫丹波でも15地点すべて下落し、5年連続で全地点ダウンとなった。
 府北部、兵庫丹波ともに下落幅は縮小しているものの、下落傾向に歯止めがかからないようだ。
情報、ご要望をメールでお寄せ下さい >> Click
舞鶴−中国間にコンテナ航路開設

 舞鶴港と中国の間に新たなコンテナ航路が開設されることになり3日、その第1船が舞鶴港へ入港する。同港―中国間の航路は01年8月から途絶えており、新たな物流ルートの開設で同港の集荷力が高まるものと関係者らは期待を寄せている。
 舞鶴港への輸入貨物は、日曜雑貨や競走馬用の稲わらなど。輸出貨物は工作機械の部品や建設機械、古紙などになる。当面、月に80―100TEU、年間で1千TEUの貨物量を見込む。

北近畿のデータなど

●2月の公共工事動向、府は国、市町村の発注激減。丹波、但馬は好調
●府北部の車庫証明、1月は8署中7署で減
●2月の電力消費、前年の反動で需要が拡大
●近畿財務局舞鶴出張所が不動産5件を売却
●競売結果(福知山支部、豊岡支部)●食品営業許可●建築確認申請

両丹経済新聞社:綾部市川糸町丁畠4-1 TEL0773(42)6800


京都府北部地方新聞連合会加盟社サイト
福知山のニュース両丹日日新聞 i-福知山 亀岡市民新聞 タウンタウン