両丹経済新聞オンライン版 2002年11月11日
北近畿のビジネス情報源両丹経済新聞トップニュースファイル>データ
 ニュースピックアップ  ヘッドライン
府北部5信金が合併 北近畿最大の金融機関に
 
 京都北都信用金庫を存続金庫とし府北部の5つの信用金庫が5日、合併した。国内の340の信用金庫の中で23信金合併番目の預金規模を持つ金融機関の誕生だが、地元経済と密接にかかわっている機関であるだけに合併の影響がそのまま地域経済に波及する。
 新京都北都信金は65店舗、職員数1107人でスタートし、9月30日時点での預金量は7986億4100万円、貸出金量は4396億3500万円で預貸率は約55%となっている。
 今後2、3年かけて店舗数を55店舗、職員数は1千人程度にして、合併のメリットを生かしていく考えだ。

福知山
●ベストワン福知山店に生鮮食品売り場を新設
ベストワン福知山
●4輪駆動車専門店「カードリーム」が移転
 
舞鶴
●日立造船と日本鋼管造船部門統合、舞鶴はユニバーサル造船舞鶴事業所に
●西建、栃木の業者とRC造の新工法を共同開発
 
綾部
●綾部商工会議所、駅北側に商業ゾーン設け2つの実験店舗開設
●ベルテックスの医療用精密機器製造新工場が綾部市工業団地に完成
 
宮津・丹後
●丹後福祉応援団、加悦町のSCウイル内にデイサービスセンターを開設
 
氷上
●三ツ丸がプラザ市島店を継承
●氷上郡合併協、市の名称公募や期日を提案
 
豊岡・但馬
●日高町に但馬初の「ミスタータイヤマン」ヤマモトが開店
 
福井小浜・若狭(嶺南西部)
●道の駅名田庄に「そば処よってっ亭」オープン
 
景気動向調査
●国民金融公庫豊岡支店の7−9月期景況調査、売上DIと業況DIともに改善
●舞鶴商議所の7−9月期景況調査、売上DIさらに悪化、採算は若干改善

●9月の有効求人倍率、福知山など4所が好調。舞鶴、綾部は下落に転じる
丹後にカニシーズン到来
新築増築旅館と民宿、網野で4件

 
 本格的なカニシーズンに入った。丹後地域ではこの時期、客の多様化するニーズに応えるため、新築や増改築を終えた旅館と民宿のオープンラッシュとなる。
 今年、当社の調べで延べ床面積が500uを超えるものは網野町で4件あり、昨年の1件に比べると増えたとはいえ低調だった。丹後町では大規模な工事はなかったが、新規参入が1件あった。
 今シーズンの入り込みについては、関係者から 「不況の影響もあり昨年並みでは」という声も聞かれるなど慎重な見方が多い。
情報、ご要望をメールでお寄せ下さい >> Click
綾部市が市工業団地に定期借地権 府内初設定
 
 綾部市は1日から同市桜が丘の綾部市工業団地に事業用定期借地権制度を導入し、早期の工場立地を目指すことにした。
 同工業団地は00年に分譲を開始し、すでに6区画が売れているが、企業側から初期投資軽減のため、定期借地権設定などの要望があり導入した。
 府内の自治体で工場用地のリースを開始したのは初めて。
データなど
●10月の高額所得法人、公示数10社にとどまる
●10月1日推計人口、兵庫丹波は増、ほか2地域は減
●京都府北部と福井県嶺南西部、兵庫県北中部の建築確認申請
●食品営業許可●競売予定と結果(柏原支部)

両丹経済新聞社:綾部市川糸町丁畠4-1 TEL0773(42)6800

京都府北部地方新聞連合会加盟社サイト
福知山のニュース両丹日日新聞 i-福知山 亀岡市民新聞 タウンタウン