両丹経済新聞オンライン版 2002年6月21日
北近畿のビジネス情報源両丹経済新聞トップニュースファイル>データ
 ニュースピックアップ  ヘッドライン
舞鶴市TMO認定へ向け発進
中心市街地活性化基本計画を策定
 

 舞鶴市はこのほど、東西両地区の中心市街地に活力を呼び戻すための方策などを盛り込んだ「中心市街地活性化基本計画」をまとめた。中心市街地整備改善活性化法に基づくTM0(まちづくり機関)認定のベースともなるもので、同基本計画の策定は府北部では福知山市に次いで2番目。
 同市ではTMO設立へ向けて準備が進められる。同市には東地区と西地区の異なった歴史を持つ2つの中心市街地があるが、空洞化や衰退が進行している。このことから、計画では1つの舞鶴に2つの彩りあるまちをつくろうという「一都二彩」の基本姿勢に立ち、活性化策をまとめた。中心市街地の区域は東地区が浜や南浜、舞鶴市役所などの北吸の一部といったエリア167ヘクタール。西地区は引土や伊佐津、南田辺、下安久、松陰など154ヘクタールを設定。この上で、区域を一定のゾーンで分け連携を図りながらまちづくりを進める方向性を示した。

綾部
●綾部のサント機工が府北部初、ISOに準ずる環境規格・KESの認証を取得
●京都縦貫道綾部宮津道路いよいよ工事最終段階に。舗装工事用のアスファルトプラント完成


福知山
●談夜久野線今秋にも開通。進ちょく率は80%に達する
●福知山のニンバリ、「キューリカッター」=写真=の本格販売に乗り出す。キュウリを素早く棒状にカット


氷上

●春日町学校給食センター間もなく着工
●市島町の美和ふるさと村百貨店が開店。閉店スーパーを住民の手で再開
●氷上郡で2店のミニストップが開店。市島町上竹田店と柏原町南多田店


丹後
●JA京都丹後大宮支店が完成、業務始める。店舗統廃合いよいよ大詰め
●5月の建築確認申請件数、峰山管内は前年同月比70%超える大幅増加


但馬
●但東シルクロード観光協会が特産品でまちのPRに一役。土産用乾めんなど手掛ける


嶺南西部
●大飯町が文書管理センター着工。情報公開制度に対処


データ
●5月の倒産概況、京都は件数、負債とも増える。兵庫は負債額、5月としては過去最悪
●舞鶴道と縦貫道5月の交通量、4カ月連続減の93万台
■京都府北部と福井県嶺南西部地域の建築確認申請
■5月の国、府県の土木入札結果(3千万円以上)
■食品営業許可

拡大するライブカメラ事業 ブロードバンド普及で利用増え
 ブロードバンド(高速大容量通信)の普及に伴い、カメラを使ったライブ(中継)の事業展開が全国的に広がっている。ユーザーのニーズに応える映像を、インターネットなどの回線に乗せて届ける取り組みで、北近畿でも利用するところが増えてきている。通信回線のインフラ整備の進行に伴って、IT分野の中で需要の拡大が期待される部分でもあり、新たなビジネスチャンスを生む可能性もある。すでに事業展開している主な企業の取り組みを見た。
情報、ご要望を、こちらからメールでお寄せ下さい→Click
01年度長田野工業団地の出荷額前年度比6.8%減の1757億円
 長田野工業団地の01年度の年間出荷額は、IT関連企業の伸びで過去最高を記録した前年とは一転し、前年度比6.8%減の1757億円へ落ち込んだ。これは、福知山市長田野町の長田野工業センターがまとめた01年度の「長田野工業団地の概況」から分かったもので、7年連続で増加していた従業員数も減少し、5千人を割り込んでいる。
8管本部 舞鶴ヘリポート年内完了へ向け拡張工事進む
 舞鶴市長浜の海上保安学校(松本政明校長)でヘリポート拡張などの工事が進められている。現在は、拡張に先立って海岸との境界にある護岸改修を行っており、ヘリポート自体の工事は9月中頃に入札をし、年内の全体完了を目指す。
両丹経済新聞オンライン版に使用している記事、写真、図画はすべて株式会社両丹経済新聞社もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文のまま、もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹経済新聞社へご連絡下さい。