両丹経済新聞オンライン版 2002年6月11日
北近畿のビジネス情報源両丹経済新聞トップニュースファイル>データ
 ニュースピックアップ  ヘッドライン
NPO法人3年半で14団体
 両丹地方人口比率ではまずまずのペース

 
 特定非営利活動促進法。いわゆるNPO法が1998年12月1日に施行されてから、1日で3年半が経過した。5月末までの設立団体は、全国で7121団体。府内で189団体、県内では212団体にのぼる。両丹地方でも14団体(府北部12、氷上郡2)が認可され、さらに6団体が設立のための申請をしている。当地方で活動するNPO法人の概要や収益事業、動向などについてまとめた。

●舞鶴市が「観光基本計画」まとめる 観光客、11年には160万人に
●綾部市 京セラの用地造成着々 市道は年度内に620m整備
●鍋倉金属工業 きのこ「エリンギ」を商品化 アグリビジネスの夢かなえる
●TUTAYAへ営業譲渡 せいでん柏原店を閉店へ
●競売予定 柏原支部で25件を期間入札、開札日は7月4日/宮津支部4件、舞鶴支部8件入札 開札日は7月1日、3日
●近畿自動車道敦賀線 黒谷トンネルが貫通 4車線化工事が着々
●舞鶴白鳥団地RC造り4階建て団地に 7年余の一大事業が完了
●弥栄町「風のがっこう京都」が完成
●5月の高額所得法人 三和部品(福知山)が36%増益
●フレッシュさとう氷上町店の増床工事進める 1000平方m型スーパーへ改修
●大宮町商工会 広域連携等地域振興対策事業で情報発信基地センター構想盛り込む
●小浜建設業協同組合と建設業会 谷田地区に新事務所建設へ
●京都府北部と福井県嶺南西部、兵庫県北中部(延べ面積500平方m以上)の建築確認申請
●4月の有効求人倍率 前月比5所で大幅ダウン
丹後町が宇川温泉よし野の里利用増めざし
 和食棟を建設 8月オープン

 丹後町は、同町久僧の温泉施設「宇川温泉よし野の里」に軽食などを提供する和食棟を建設するため今月上旬、工事に取りかかった。昨年7月のオープンから寄せられていた利用者の要望にこたえて建設に踏み切った。完成は8月上旬の予定。
舞鶴港振興会と舞鶴21
 組織改革し業務を合理化

 
 舞鶴港の利用促進に取り組む舞鶴港振興会(会長、山田啓二・京都府知事)と3セクの(株)舞鶴21(代表取締役会長、江守光起・舞鶴市長)は、1日から双方の専務職を1人が兼務し、業務の一部を同振興会へ委託するなどの業務合理化を導入した。この組織替えにより、同振興会はポートセールス業務に特化し同港の進行に専念できるとしている。
福知山リョ−ショクと近畿リョ−ショク合併
 大江商店の営業も譲り受ける


 加工食品卸売業の(株)菱食(本社・東京都)は、子会社の(株)福知山リョーショク(本社・福知山市荒河・衣川鐵治社長)を(株)近畿リョーショク(本社・奈良市)と7月1日付で合併させる。さらに同日付で、関係会社の(株)大江商店(本社・宮津市獅子崎、大江昌嗣社長)の営業を譲り受け、近畿リョーショクへ統合する。スケールメリットを生かし、近畿地区でのシェア拡大を図るのが狙い。