ルートインジャパンのホテル建設予定地(丹波篠山市河原町)

丹波篠山の観光ホテル 景観配慮し計画変更

 国内外でビジネスホテルなどを経営するルートインジャパン㈱(本社・東京都品川区、永山泰樹社長)が丹波篠山市河原町で開業準備を進めている観光ホテルについて同市の「まちづくり審議会」はこのほど、開発を認める方針を明らかにした。これを受け、近く酒井隆明市長が建設の是非を判断する。=詳細は9月11日付紙面で

クレスが出店した「C.ランドリー三坂店」(豊岡市三坂町)

豊岡のクレス コンビニ跡にコインランドリー

 建築事業や不動産事業などを手掛ける㈱クレス(本社・豊岡市九日市上町、國下喜久男社長)が、増加する空き店舗の活用に取り組んでいる。2日には同市三坂町の空き店舗にコインランドリー「C.ランドリー三坂店」を出店。空き店舗活用のモデルケースと位置付けており、國下社長は「コインランドリーのニーズを調べ、多店舗展開も検討していきたい」と話している。=詳細は9月11日付紙面で

日東精工の本社(綾部市井倉町)

綾部の日東精工 北近畿初の特例子会社設立へ

 工業用ねじなどを製造する日東精工㈱(本社・綾部市井倉町、材木正己社長)は今月、CSR(企業の社会的責任)の一環で障害者を雇用する「特例子会社」を本社内に設立する。北近畿の企業としては初めて。親会社とは異なる労働条件が設定できるようになり、障害者の能力が引き出せるのが特長。親会社からの転籍や新規雇用により、障害者が正社員として安定的に働ける職場を目指す。=詳細は9月1日付紙面で

与謝野産ホップで商品化した缶ビール(京都与謝野ホップ生産者組合提供)

与謝野のホップ栽培5年目 ブランド力向上、ほ場拡大

 与謝野町滝の京都与謝野ホップ生産者組合(山本雅己組合長)が同町で取り組むホップの栽培が5年目を迎えた。供給先が限定されない国内初の〝フリーランスホップ〟として全国のブルワリー(ビール醸造所)からクラフトビールの原料として人気を集め、知名度とブランド力を向上させながら栽培規模を拡大。町内限定で販売するオリジナルの缶ビールも商品展開する。=詳細は9月1日付紙面で

「旅路のブルワリー」で醸造している4種のクラフトビール

丹波篠山に「旅路のブルワリー」が開業

 丹波篠山市立町に本社を置く㈱NOTE―JAPAN(藤原岳史社長)はこのほど、同市福住の重要伝統的建造物群保存地区に古民家を活用したクラフトビール醸造所「旅路のブルワリー」を開業した。土・日曜、祝日にはパブとしても営業しており、クラフトビールを目的に同市を訪れる人を増やすのが狙い。=詳細は9月1日付紙面で

「ふしみやバンケット」で行った宴会(綾部市西町1丁目のITビルで)=ふしみや提供

綾部のふしみや ケータリング部門など始動

 老舗の料理旅館などを経営する㈲ふしみや(本社・綾部市並松町、高橋辰夫社長)は、地元で築いた「ふしみや」ブランドを軸に新たな事業の展開に乗り出している。7月には100人以上の大規模宴会にも対応するケータリング部門を始動させ、3年目を迎えた弁当・オードブル部門は今月、専用の調理施設を新設。知名度を生かし、より多様なニーズの取り込みを図る。=詳細は8月21日付紙面で

9月中旬のオープンを予定する「WOODY HOUSE 神戸ハーバーランドUMIE店」のイメージ

舞鶴のウッディーハウス 舞鶴市外最大店、9月開業へ

 衣料品のセレクトショップ「WOODY HOUSE(ウッディーハウス)」などを展開する㈲ウッディーハウス(本社・舞鶴市浜、志摩幹一郎社長)は、神戸市中央区の商業施設「神戸ハーバーランドumie(ウミエ)」に進出する。舞鶴市外で最大の店舗で、9月中旬のオープンを目指す。=詳細は8月21日付紙面で

国道9号沿いに開店したハンバーガー専門店「MOMIJI」(朝来市和田山町土田)

「MOMIJI」がオープン

 朝来市和田山町土田の国道9号沿いにこのほど、ハンバーガー専門店「MOMIJI(モミジ)」(山下桂吾さん経営)がオープンした。但馬牛と炭火焼きにこだわったハンバーガーを提供しており、多くのリピーターを獲得している。=詳細は8月21日付紙面で

営農型太陽光発電施設を稼働させた坪口農事未来研究所の平峰社長(中央)と拓郎さん(左)、但馬米穀の木村さん=豊岡市三宅

豊岡の坪口農事未来研究所 営農型太陽光発電始める

 農業法人の㈱坪口農事未来研究所(平峰英子社長)は7月から、豊岡市三宅の本社近くで農業と太陽光発電を両立させた営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)を始めた。高さのある架台の下で農作物を栽培できるのが特徴で、売電により安定した収益を確保して持続可能な農業を実現させ、農地保全や若者の農業参入につなげる。=詳細は8月11日付紙面で

リラックスチェアが置かれた六角形の映画館ホール(舞鶴市竹屋)

各国の新旧映画を上映 「Seis(セイス)」がオープン

 舞鶴市竹屋の竹屋町通りに7月、シネマカフェ「Seis(セイス)」(中嶋一晶代表)がオープンした。サーカス小屋をイメージした六角形の映画館ホールが特徴で、スクリーンを囲むリラックスチェアでくつろぎながら世界中の新旧映画が楽しめる。=詳細は8月11日付紙面で