17.5.21ピックアップ2

カルビー、綾部にフルグラ工場
投資額70億円、18年夏に稼働

菓子・食品製造販売のカルビー㈱(本社・東京都千代田区、伊藤秀二社長)は10日、約70億円を投じて綾部市とよさか町の京都工場にシリアル食品「フルグラ」の生産棟を建設すると発表した。国内外の需要拡大に対応するためで、京都工場からは主に中国向けの輸出を計画。2018年夏の稼働を予定している。

17.5.21ピックアップ3

最上級のグランピングを
にしがき、宮津に宿泊施設「瑠璃浜」オープン

食品スーパーやリゾートなどの事業を手掛けるにしがき(本社・京丹後市大宮町口大野)は1日、宮津市日置に宿泊施設「瑠璃浜」をオープンした。独立した客室棟それぞれにバーベキューなどができる中庭を設け、プールや露天風呂を配置。「最上級のグランピング」を提案する。

17.5.11ピックアップ1

日本遺産、北近畿で新たに3件
丹後ちりめん、鉱山、やきもの

文化庁が4月28日に発表した2017年度の「日本遺産」に37件が認定され、北近畿では丹後ちりめん(丹後2市2町)、鉱山(朝来や養父など6市町)、やきもの(篠山など6市町)をテーマにした3件が選ばれたほか、舞鶴では構成文化財が新たに認定された。丹後と但馬での認定は今回が初めてで、関係者は「『日本遺産』というブランドが付いた。観光への波及効果に期待したい」と歓喜の声を上げている。

17.5.11ピックアップ2

雇用維持へニンニク栽培
兵庫ナカバヤシが養父市内2カ所に加工場

アルバムなどの製造を手掛けるナカバヤシ㈱の子会社、兵庫ナカバヤシ(本社・養父市大屋町笠谷)は近く、同市内に2カ所のニンニク加工場を稼働させる。いずれも同社が遊休施設を買い取り整備するもので、1カ所は今月下旬、もう1カ所は6月中旬の稼働を目指す。

近く稼働する兵庫ナカバヤシの夏梅にんにくセンター(養父市大屋町夏梅)

近く稼働する兵庫ナカバヤシの夏梅にんにくセンター(養父市大屋町夏梅)

17.5.11ピックアップ3

ラジコンイベントの新会社
豊岡でエス・ビレッジ創業

ラジコンカーを使ったイベント企画を手掛けるエス・ビレッジがこのほど、豊岡市出石町松枝で創業した。各地で開かれるイベントに出店し、子どもでも操れるラジコンで集客につなげる。

17.5.1ピックアップ1

従業員のスキルアップを
さとうが福知山に研修専門施設を開設

総合小売業のさとう(本部・福知山市上紺屋)は4月24日、福知山市堀に従業員の研修施設「さとうエクスパートセンター」を開設した。生鮮食品の加工室やレジ業務の研修室などを備え、従業員の知識や技術の向上につなげる。

レジ研修室で接客を学ぶ新入社員ら(福知山市堀)

レジ研修室で接客を学ぶ新入社員ら(福知山市堀)

17.5.1ピックアップ2

土産せんべい増産へ
朝来の佳長  本社工場を増築

朝来市山東町一品の菓子製造販売、佳長は本社工場の増築工事を進めている。土産品のせいべいなど今後の増産に対応した事業で、6月上旬の稼働を目指している。

17.5.1ピックアップ3

京丹後・森本工業団地で初操業
韋城製作所   鍛造と精密加工で

エンジンや精密機械などの部品を製造する㈱韋城製作所(本社・京丹後市峰山町四軒、山本正社長)は4月23日、森本工業団地(同市大宮町森本)で新工場の操業を始めた。同工業団地への進出は同社が初めてで、2区画にそれぞれ鍛造、精密加工の工場を新設。鍛造の大型化と精密加工の受注増に対応する。

17.4.21ピックアップ1

豊岡のコニー、城崎に初の直営店出店
カフェ併設し6月オープンへ

鞄製造業のコニー(本社・豊岡市佐野)は6月中旬、豊岡市城崎町湯島の城崎温泉街に自社ブランドの鞄を販売するカフェ併設型の店舗「CREEZAN(クリーザン)城崎本店」を出店する。市内の鞄メーカーが城崎に直営店を出すのは初めて。城崎店限定の鞄も販売する計画。

城崎温泉に出店する新店舗のイメージ

城崎温泉に出店する新店舗のイメージ

17.4.21ピックアップ2

薪ストーブの事業拡大
京丹後のプラヂナー、販売店運営や商品開発

京丹後市網野町網野の住宅設備工事業「無限会社プラヂナー」は今月から、他社の業務を引き継いで薪ストーブの事業を拡大する。数多くの薪ストーブを扱ってきたノウハウを生かし、同市大宮町三坂で販売店を運営するほか、市内の機械金属業者と連携してオリジナル商品を展開する計画だ。

購読キャンペーン