世界初のアルコール飲料を
西山酒造場(丹波市)が「半熟2段発酵製法」に取り組む

丹波市市島町中竹田の西山酒造場(西山周三社長)は今、丹波黒大豆など地元農産物と日本酒の伝統技術を融合させた新しいジャンルの酒の開発に取り組んでいる。新酒の完成イメージは和菓子やスイーツ。これまで酒が飲めなかった層に照準を絞る。西山社長は「世界で初のアルコール飲料になる」と明かし、アルコールの技術革新を起こすとしている。

京都縦貫道の綾部安国寺IC-京丹波わちIC間
9月13日に供用開始、全線開通へまた一歩前進

9月13日午後3時、京都縦貫自動車道丹波綾部道路の3工区(綾部市安国寺町~京丹波町才原)に当たる綾部安国寺インターチェンジ(IC)―京丹波わちICの延長7.7km区間が暫定2車線で開通する。宮津市から京都市への所要時間は15分短縮して約105分となる。これで宮津天橋立IC―京丹波わちICの33・7kmがつながることとなり、重要な南北軸の全線開通へまた一歩前進した。

●関西108市の財政運営評価ランキング
●e都市ランキング2008
●北近畿の正社員採用状況(京都北都信金、中兵庫信金まとめ)
●7月の企業倒産概況
●7月の建築確認申請件数
●7月の手形交換概況
●7月1日の推計人口
●6月の有効求人倍率
●国、府県、市の土木入札結果
●食品営業許可
●建築確認申請(府北部、兵庫丹波、福井嶺南西部)

福知山
●福知山企業交流会がホームページで長田工業団地の発注状況などの掲載始める

舞鶴
●積水ハウスが舞鶴で宅地開発
●豪華客船の飛鳥Ⅱとふじ丸、舞鶴港への寄港決まる。9月に府民見学会を開催
●「まいづるフラッグプロジェクト」がスタート

京丹後
●ふるさとケータイ事業、観光など4分野で情報発信を。11月開始へ
●丹後町に「居酒屋ダイニング エビス」が開店
●丹後あじわいの郷がリニューアル

兵庫丹波
●篠山市が旧丹南支所跡を売却へ。宅地開発の民間事業者募る
●丹波市の香良病院の新病棟が完成

但馬
●「たんたん温泉福寿の湯」=写真=がオープン

新しいお店
舞鶴◇点心・飲茶「彩華」
福知山◇靴専門店「グリーンボックス」

福知山で2社が大型店計画
顧客獲得さらに厳しく

福知山市内で大規模小売店舗の計画が相次いで発表された。1店はさとう(本部・福知山市上紺屋)が同市堀のストック福知山店を建て替えて出店する「バザールタウン福知山店」=完成予想図=。もう1店はコーナン商事(本社・大阪府堺市)がJR福知山駅北の大規模街区に出す「ホームセンターコーナン福知山駅前店」(仮称)。さとうはすでに大規模小売店舗立地法に基づく地元説明会を終え8月下旬から現店舗の解体と新店舗の建設に入る予定で、コーナンは近く地権者と借地契約を交わす。福知山では大型店の新規出店が続いており、顧客の獲得競争が更に激しさを増しそうだ。

与謝野町と養父市の温泉施設が休業

  与謝野町などが出資する第3セクター会社のリフレッシュ丹後が、同町金屋の温泉付き宿泊施設「リフレかやの里」の営業を休止して1カ月余りが経過した。同社は株主総会で会社の解散を提案したが大株主の町などが否決。8月下旬の臨時株主総会で再度、解散について議論される予定で、町は「できるだけ早く次の指定管理者を探す準備を進めていきたい」としている。一方、養父市三宅にある温泉機能などを備えた関宮農村交流ターミナル「万灯まんどの湯」は一時休業した。経営難を理由に指定管理者が撤退したためで、市は年内の営業再開を目指し、指定管理者制度委員会で公募に向けた検討に入る。

健康指向の女性ターゲット
京丹後の三徳と白杉酒造が「桑の実酒」を開発

  

桑の実で造ったリキュール「桑の実酒」=写真=が出来上がった。織物業などの三徳(本社・京丹後市網野町浅茂川)と、酒造業の白杉酒造(同・同市大宮町周枳)による共同開発で、ラベルやパッケージも整い、近く販売するために販路の開拓を始めた。桑の実を日本酒の原酒に漬けて造るのは全国的に珍しい。体に良い成分が含まれているため、 健康を考える女性からの購買を狙う。

●京都地裁福知山・舞鶴・宮津支部の競売予定
●4-6月期の景気動向調査
●北部機械金属業界の景況動向
●7月の交通量
●食品営業許可
●酒類販売業許可
●建築確認申請(府北部、兵庫県北中部)

福知山
●「地域ジョブ・カードサポートセンター」が福知山商工会議所内に
●ヤマダ電機の「テックランド福知山店」がオープン
●中小企業家同友会福知山支部が設立25周年式典開く

舞鶴
●国など11機関でつくる「舞鶴港利用促進連絡調整会議」が発足
●韓国のクルーズ船が舞鶴に初寄港、舞鶴市などが誘致し実現

綾部
●商業活性化にぎわいづくり推進実行委の事業計画

宮津・与謝
●天橋立ホテルがリニューアルオープン=写真

 京丹後
●スーパー展開などの「にしがき」がIH炊飯システムを導入=写真、新規出店に備え先行投資

 

●平井企画が墓石用の耐震連結金具を考案
●酒類販売などの「酒市」が精肉店「にくいち」を出店

兵庫丹波
●丹波市などが丹波市中心市街地活性化基本計画の説明会開く
●ふるさと納税のスタートを受け丹波市が「丹波竜基金」を新設

但馬
●朝来市が第2回庁舎建設検討委員会開く

福井嶺南
●おおい町に県立大型児童館「こども家族館」=写真=が開館
 

工場内で外壁材を加工
廃材をリサイクル、建築現場の環境改善も
福知山のRINSAN

福知山市北本町の建築業、RINSAN (殿谷幸司社長)がこのほど、京都府の経営革新計画の承認を受けた。サイディング(外壁材)のプレカットを自社工場で行うことにより、廃材のリサイクルや建築現場周辺の環境改善に努めようとする姿勢が高く評価された。7月1日に福知山林産商会から社名変更したばかりでもあり、環境に配慮した新たな事業展開で更なる業績向上を図る。