10.1.1ピックアップ2

舞鶴国際ふ頭 今春供用
クレーン設置、工事終盤に

今年は5万トン級の大型貨物船に対応する多目的国際ターミナルが京都舞鶴港に誕生する。10年春の供用開始を目指し、舞鶴市下安久・和田地区の沖合で整備が進む「舞鶴国際ふ頭」(愛称・みずなぎふ頭)=写真。国際ターミナルの象徴ともいえるガントリークレーンが設置され、貨物の荷さばき用施設の建設も始まり、工事は終盤に差しかかっている。


Warning: Missing argument 1 for cwppos_show_review(), called in /home/ryoutan-keizai/public_html/k-keizai/wp-content/themes/flat/content-single.php on line 29 and defined in /home/ryoutan-keizai/public_html/k-keizai/wp-content/plugins/wp-product-review/includes/legacy.php on line 18