農家とシェフがタッグ

京丹後に新会社「ビオ・ラビッツ」 野菜の価値向上狙う

 丹後の農家とフレンチシェフが手を組み、オーガニック野菜を軸に据えた新たな会社が誕生した。京丹後市弥栄町黒部のビオ・ラビッツ㈱で、栽培から加工・調理、販売までを手掛ける。本社を置く店舗を2日にオープンし、事業を本格化。シェフの手腕により、野菜の付加価値を高めていく。=詳細は5月11日付紙面で


Warning: Missing argument 1 for cwppos_show_review(), called in /home/ryoutan-keizai/public_html/k-keizai/wp-content/themes/flat/content-single.php on line 29 and defined in /home/ryoutan-keizai/public_html/k-keizai/wp-content/plugins/wp-product-review/includes/legacy.php on line 18