18.12.11ピックアップ1

宮津に米マリオットホテル
建設費18億円、道の駅周辺に開業へ

宮津市に世界最大のホテルチェーンが進出する。同市浜町の道の駅「海の京都宮津」周辺に、米マリオット・インターナショナル(マリオット)が、宿泊に特化したホテルを計画。ホテルを建設する積水ハウス(大阪市)によると、建設費用は約18億円を見込んでおり、2020年秋以降の開業を予定。地方でも増加傾向にある訪日外国人客の宿泊需要に対応する。

宮津市などで計画されているマリオットブランドのホテル「フェアフィールド・バイ・マリオット」のイメージ図

コメント 停止中

購読キャンペーン