17.6.11ピックアップ2

建物をVR空間に
与謝野のアイピーライフ  インドアビューの制作始める

デジタルブックの制作などを手掛ける与謝野町岩屋のアイピーライフは先月から、建物内の臨場感を体験できる「インドアビュー」の制作サービスを始めた。写真撮影と同時に空間の測定も行い、立体的な仮想現実(VR)空間を作るのが特長。旅館が客室のPRに活用することができ、観光関連施設などからの利用を見込む。

VR空間化した民家

VR空間化した民家

コメント 停止中

購読キャンペーン