17.3.11ピックアップ3

独自ブランド視野に  ウッドワークスMINO
CAD/CAMを導入

京丹後市網野町島津の木製品製造業、ウッドワークスMINO(三野和子代表)は、生産態勢の強化を進めている。工作機械を制御する「CAD/CAM」の導入により、従来はできなかった複雑な加工品の量産に対応。受注の大半を占める照明器具の部品に加え、異なる分野にも販路を広げる方針で、オリジナルブランドでの商品展開も視野に入れる。

コメント 停止中

購読キャンペーン