10.7.12ピックアップ2

北近畿は下落傾向続く 10年の路線価

 大阪国税局は1日、相続税や贈与税の算定基準となる10年の路線価(1月1日現在)を発表した。京都府内の標準宅地の評価基準額平均は前年比5.6%減の13万5000円、兵庫県内は同5.9%減の9万6000円で、いずれも2年連続で下落した。地域経済の衰退が懸念される北近畿は、依然として下落が続いている。


Warning: Missing argument 1 for cwppos_show_review(), called in /home/ryoutan-keizai/public_html/k-keizai/wp-content/themes/flat/content-single.php on line 29 and defined in /home/ryoutan-keizai/public_html/k-keizai/wp-content/plugins/wp-product-review/includes/legacy.php on line 18