2008.8.11ピックアップ2

与謝野町と養父市の温泉施設が休業

  与謝野町などが出資する第3セクター会社のリフレッシュ丹後が、同町金屋の温泉付き宿泊施設「リフレかやの里」の営業を休止して1カ月余りが経過した。同社は株主総会で会社の解散を提案したが大株主の町などが否決。8月下旬の臨時株主総会で再度、解散について議論される予定で、町は「できるだけ早く次の指定管理者を探す準備を進めていきたい」としている。一方、養父市三宅にある温泉機能などを備えた関宮農村交流ターミナル「万灯まんどの湯」は一時休業した。経営難を理由に指定管理者が撤退したためで、市は年内の営業再開を目指し、指定管理者制度委員会で公募に向けた検討に入る。


Warning: Missing argument 1 for cwppos_show_review(), called in /home/ryoutan-keizai/public_html/k-keizai/wp-content/themes/flat/content-single.php on line 29 and defined in /home/ryoutan-keizai/public_html/k-keizai/wp-content/plugins/wp-product-review/includes/legacy.php on line 18