舞鶴のビストロアルル 「赤煉瓦浪漫譚」オープン

 舞鶴市朝代に10月21日、洋食レストラン「赤煉瓦浪漫譚」が開業した。同市魚屋の飲食店「アメイロビストロアルル」(駒井克洋さん経営)の新業態店で、取得した連棟の空き店舗を改装し、旧海軍の料理本「海軍割烹術参考書」のレシピを現代風にアレンジしたレストランを整備した。同参考書は西欧料理、洋菓子、日本料理の3部構成で、将来は全体を改装し、同参考書を体現する複合商業施設にする考えだ。=詳細は11月11日付紙面で

兵庫県、投資額64億5千万円

 兵庫県は10月24日、豊岡市山王町に整備する「国際観光芸術専門職大学」(仮称)の設置認可申請書を文部科学省に提出、同月30日には学舎と学生寮の建設工事に着手した。設置認可は来年8月ごろに得られる見通し。観光や文化芸術の分野で活躍する人材の育成を目指す4年制大学として2021年4月の開学を目指す。=詳細は11月11日付紙面で

福知山の浅田可鍛鋳鉄所が社名変更 武蔵精密工業の子会社に

 自動車部品メーカーの武蔵精密工業㈱(本社・愛知県豊橋市、大塚浩史社長)は10月21日、子会社化した福知山市長田野町1丁目の㈱浅田可鍛鋳鉄所(小林雄一社長)の社名を「武蔵キャスティング㈱」に改めた。社名変更により「武蔵」ブランドのさらなる浸透を図るのが狙い。=詳細は11月11日付紙面で

京丹後の旅館「炭平」 自社基準で厳選し提供

 京丹後市丹後町間人の旅館「炭平」を運営する㈲炭平旅館(中江幹夫社長)は、今季のカニシーズン(6日~来年3月)から、丹後の旅館では初めてという独自のブランドガニの展開に乗り出す。活ガニ料理で培ったノウハウを生かし、丹後と但馬で水揚げされるズワイガニを自社の基準で厳選する。より良質なカニを提供し、宿の価値をさらに高められるブランドを目指す。=詳細は11月1付紙面で

舞鶴港の客船シーズン閉幕

 舞鶴港に10月18日、今年最後となる客船「ル・ラペルーズ」(9900㌧、乗客定員184人)が寄港した。外国人客約160人が入れ替えで乗り降りし、夜には地元のアマチュアミュージシャンによるジャズ演奏の見送りで出港。超大型船による中国発着ツアーの増などで過去最多の約8万5千人が訪れた今季のクルーズシーズンが幕を下ろした。=詳細は11月1付紙面で

養父のアムナック IoT活用の実証実験で

 耕作放棄地で酒米を生産する養父市能座の農業生産法人、㈱Amnak(アムナック・藤田彰社長)は農機具販売の㈱東海近畿クボタ(本社・尼崎市)などと協力し、10月23日から無人トラクターによる水田の田起こし作業を始めた。IoT(モノのインターネット)を活用した中山間地農業の実証実験の一環。11月まで同社が耕作する水田12㌶のうち8㌶で作業を行い、省力化に関する様々なデータを取得する。=詳細は11月1付紙面で