一般会計4市で増加   災害復旧費が膨らむ
【特集】府北部5市の19年度当初予算案

府北部5市の2019年度当初予算案が出そろった。一般会計は昨年の7月豪雨に伴い災害復旧費が膨らんだことなどから4市で増加し、福知山市と宮津市は過去最大規模。限られた予算の中、基金からの繰り入れや市債発行などで財源不足を補い、喫緊の課題に対応している。=各市の予算概要や事業の詳細は紙面で

古民家をフォトスタジオに    豊岡に「ちっくたっく」オープン

豊岡市元町の県道豊岡瀬戸線沿いに2月21日、古民家を活用したフォトスタジオ「ちっくたっく」がオープンした。市内の写真店に勤めていた町田智伸さん(46)が独立開業した店で、古民家の良さを生かした和風のスタジオを設けるなど独自色を強めて他店との差別化を図り、お宮参りや七五三など子ども写真の需要獲得につなげている。

「ちっくたっく」を開業した町田さん(中央)とスタッフ=豊岡市元町

一般会計3市で増額 大型事業や地方創生に注力
【特集】県北中部5市の新年度当初予算案

兵庫県北中部5市の2019年度当初予算案が出そろった。それによると、一般会計は豊岡、朝来、篠山の3市で増加、養父、丹波の2市で減少した。増加した市はいずれも大型事業や地方創生などに積極的に予算配分したことなどが要因となっている。=各市の予算概要や事業の詳細は紙面で

新温泉で60年ぶり酒造り復活 伝統と技術を次世代に

日本を代表する杜氏集団「但馬杜氏」の郷として知られる新温泉町で、およそ60年ぶりに日本酒造りが復活した。「長い間、積み重ねてきた伝統と技術を次の世代に引き継ぎたい」と、前町長の岡本英樹さん(68)が立ち上げたプロジェクト。同町用土に酒蔵を整備し、「現代の名工」に選ばれているベテランの杜氏らが2月19日から仕込み作業を始めており、4月初旬には新しい酒ができ上がる。

酒造りを見守る杜氏ら(新温泉町用土)

「北近畿最大級の商業施設」 ジュンテンドー西舞鶴モールが開業

舞鶴市女布に2月21日、「ジュンテンドー西舞鶴モール」が開業した。ホームセンター大手の㈱ジュンテンドー(本社・島根県益田市、飯塚正社長)が、2007年に撤退したダイワボウマテリアルズ舞鶴工場跡(約10ヘクタール)に整備した複合商業施設で、同社最大店舗を核に衣料や食品スーパーなど5つのテナントを誘致した。カジュアル衣料の「ユニクロ」は3月29日午前9時にオープンする。

テープカットで「ジュンテンドー西舞鶴モール」の開店を祝う関係者ら(舞鶴市女布)