アーカイブ : 2017年 2月

17.2.21ピックアップ1

水産業や農業で活用を
豊岡のマリヤ医科興業   マイクロナノバブル発生装置を開発

医療、福祉機器の販売・レンタル事業を手掛けるマリヤ医科興業(本社・豊岡市寿町)は、超微細な泡(マイクロナノバブル)を発生する装置「活き活き・バブラー」を開発、1日から水産物の鮮度維持装置とともに販売を始めた。水産物や農作物の鮮度維持や成長促進に効果が期待できることから、水産業や農業分野での販売を目指している。

装置を活用した松葉ガニの水槽。マイクロナノバブルの効果でほとんど泡が出ていない=マリヤ医科興業提供

装置を活用した松葉ガニの水槽。マイクロナノバブルの効果でほとんど泡が出ていない=マリヤ医科興業提供

17.2.21ピックアップ2

NTTドコモの「全国かいぜん事例発表大会」
福知山店が日本一に

NTTドコモグループが全国のドコモショップを対象に開いた第24回「全国かいぜん事例発表大会」が7日、東京都内で開かれ、初出場したドコモショップ福知山店(福知山市篠尾新町1丁目)が最優秀賞を獲得した。タブレット端末を活用した携帯電話の登録手続きに独自の手法を取り入れたことが高く評価され、全国2400店舗のトップに立った。

17.2.21ピックアップ3

箸で子どもを笑顔に
小浜の兵左衛門など3社  「はしながおじさんプロジェクト」始動

小浜市福谷に本社を置く塗り箸製造販売業、兵左衛門は、神戸市の箸専門店と岡山市のデザイン会社と共同で「はしながおじさんプロジェクト」を立ち上げた。客が新商品の箸「はしながおじさん」を1膳購入すると、児童養護施設の子どもらに箸が1膳プレゼントされるプロジェクト。対象商品は同社直営店とオンラインショップで10日、発売した。

17.2.11ピックアップ1

天橋立望む新ホテル
京丹商事が「天橋立荘別館 よさの荘」をオープン

宮津市杉末に6日、宿泊施設「天橋立荘別館 よさの荘」がオープンした。同市文珠でホテル天橋立荘を運営する京丹商事が開設。全客室から天橋立を望めるオーシャンビューと地元の新鮮食材にこだわった料理を売りに、観光客や地元からも親しまれる施設を目指す。

天橋立が一望できる「天橋立荘別館 よさの荘」の大浴場(宮津市杉末)

天橋立が一望できる「天橋立荘別館 よさの荘」の大浴場(宮津市杉末)

17.2.11ピックアップ2

浴衣の着方をイラストで
城崎のいろは、外国人向けに手ぬぐい開発

豊岡市城崎町湯島の浴衣専門店「いろは」が、浴衣の着方をイラストで説明した本型の手ぬぐい「TENUGUIぶっく」を開発、3月末から販売を始める。城崎温泉を訪れた外国人観光客らに気軽に浴衣を楽しんでもらおうと店長の系谷瞳さんが企画。全国展開も視野に入れている。

「「TENUGUIぶっく」を開発した系谷さん(豊岡市内で)

「「TENUGUIぶっく」を開発した系谷さん(豊岡市内で)

17.2.11ピックアップ3

ハレの日 母も美しく
舞鶴のキクヅル、高級留袖のレンタルサイト開設

卒業式の袴レンタルサイトなどを運営する貸衣装業、キクヅル(本店・舞鶴市魚屋)は、留袖に特化した新しい着物レンタルサイトを開設した。手刺繍や手描友禅などを施した上質な黒留袖を用意。同社の久下幸典社長は「結婚式は母も主役の一人。留袖のおしゃれを楽しんでほしい」と提案する。

「ハイクラス留袖レンタル キクヅル」のトップページ

「ハイクラス留袖レンタル キクヅル」のトップページ

17.2.1ピックアップ1

耕作放棄地拡大に歯止め
JA京都にのくに  農業法人「アグリサポート夢」設立

深刻化する耕作放棄地の拡大に歯止めをかけようと、京都丹の国農業協同組合(JA京都にのくに)=本店・綾部市宮代町=は農地の保全や担い手育成などを目的にした農業法人「アグリサポート夢」を設立し1月24日、福知山市大内の中六人部ふれあいセンターで開所式を開いた。同JAが農業法人を立ち上げるのは初めてで、中六人部地区をモデル地区として農作物の生産や苗類の生産販売などを行い、農地の保全につなげる。

17.2.1ピックアップ2

クルーズ客5万人超 
舞鶴港、今年は36回寄港へ

舞鶴市はこのほど、2017年の舞鶴港クルーズ客船の寄港回数が過去最高だった16年の17回を大きく上回る36回となり、乗船客も倍以上の5万人超になりそうだと発表した。さらに4月に寄港予定の「ドーン・プリンセス」(7万7441㌧、乗客定員1998人)など3隻の外航クルーズ船が初寄港することも明らかにした。

17.2.1ピックアップ3

丹波焼の洋食器、国のクールジャパン商品に
篠山の「Tanba  Style」が展開

近畿経済産業局は1月18日、世界で通用する可能性を秘めた「クールジャパン商品」として兵庫県と福井県から計23品を選んだ。北近畿からは丹波焼の窯元有志で構成する「Tanba Style」(篠山市今田町)の洋食器「TS Black・TS White」が選ばれた。今後、国際合同展示会や海外向けオンラインショップなどでPRされる。

経産省のクールジャパン商品に選ばれた丹波焼の洋食器「TS Black・TS White」

経産省のクールジャパン商品に選ばれた丹波焼の洋食器「TS Black・TS White」

購読キャンペーン