アーカイブ : 2016年 7月

16.7.21ピックアップ1

全金融機関で減収
北近畿4金融機関の16年3月期決算

北近畿に本店を構える4金融機関の2016年3月期決算をみると、いずれの金融機関も減収となった。日本銀行の苦しまぎれとも言える金融政策による金利低下で貸出金利息が減少したため、苦戦が目立った。

16.7.21ピックアップ2

宮津の「まるやす」、トップマイスター賞に
楽天トラベルマイスター

楽天(本社・東京都世田谷区)が運営する旅行予約サイト「楽天トラベル」を活用して集客増や売上拡大につなげた宿泊施設を表彰する「楽天トラベルマイスター2016」の受賞宿泊施設が11日までに発表され、北近畿から過去最多となる5施設がマイスターを受賞。宮津市文珠の「酒鮮の宿まるやす」(古田豊弘さん経営)は総合的に優れた施設に贈られる「トップマイスター賞」を受賞した。

トップマイスター賞を獲得した「まるやす」の古田さん(右)=同店提供

トップマイスター賞を獲得した「まるやす」の古田さん(右)=同店提供

16.7.21ピックアップ3

チタン加工技術を異分野に
与謝野のウェルドワン   コーヒー焙煎機を開発

チタンフレーム自転車を製造する与謝野町明石のウェルドワン(小西栄二代表)は今秋、自社製コーヒー焙煎機のブランドを立ち上げる。これまで自転車に活用してきたチタン加工の技術を異なる分野にも投入し、自社製品の幅を広げる狙い。耐久性があり金属臭のしないチタンの特性を訴求して売り出す。

16.7.11ピックアップ1

お菓子のまち豊岡をPR 
城崎の角谷製菓 大福餅の製造工場稼働

米菓製造業の角谷製菓(本社・豊岡市気比)は1日、豊岡市城崎町来日の県道豊岡瀬戸線沿いに大福餅の製造工場となる城崎製造所を本格稼働させた。コウノトリ育むお米の米粉を使った大福を製造し、関東圏の「駅ナカ」で販売して〝お菓子のまち〟をうたう豊岡のPRにつなげる。

角谷製菓が製造する米粉の大福

角谷製菓が製造する米粉の大福

16.7.11ピックアップ2

愛犬と楽しい旅を  朝来にペット同伴ホテル開業

朝来市和田山町竹田で酒蔵を改装したホテルとレストランの複合施設「竹田城 城下町EN」を経営するバリューマネジメント(本社・大阪市北区)はこのほど、同ホテルの別棟として犬とともに宿泊できる施設「楠」をオープンした。愛犬と一緒に旅をしたいというニーズに応えるためペット同伴可能なホテルを設けることにした。

16.7.11ピックアップ3

ドレッシング増産へ 8億円投じライン増設 
舞鶴のケンコーマヨ西日本工場

舞鶴市倉谷の倉谷工業団地で操業するケンコーマヨネーズ㈱西日本工場(240人)は、約8億2千万円を投じてドレッシングの製造ラインを増設する。既に試運転を開始しており、今月中旬に本格稼働する予定。

16.7.1ピックアップ1

近畿中部で店舗拡大 
福知山のさとう  神戸に物流センター

総合小売業のさとう(本部・福知山市上紺屋)は6月17日、神戸市北区に新設する「さとうグループ神戸総合物流センター」の概要を発表した。近畿中部エリアでの店舗網拡大に対応するとともに、福知山市に置く物流拠点との機能分散によるリスク回避が狙い。新センターは来夏の稼働を予定している。

さとうが開設する神戸総合物流センターの完成イメージ

さとうが開設する神戸総合物流センターの完成イメージ

16.7.1ピックアップ2

「宮津遺産」創設へ     農水商工観連携会議がモニタリング

宮津市の観光・経済団体らでつくる「宮津農水商工観連携会議」(事務局・宮津商工会議所)は、地元農林水産物などの付加価値向上を目的に「宮津遺産」の創設を進めている。創設に向け、6月19日には消費者らが特産の「宮津産育成とり貝」の生産現場を訪ねるモニタリングをし、その魅力を確かめた。

16.7.1ピックアップ3

朝来市新庁舎、1日開業
建設費は30億1千万円  「交流フォーラム」新設

昨年1月に起工式を行い、工事に着手した朝来市の新庁舎の本体工事が完了し7月1日、開庁式を行った。新庁舎での業務は4日から一部でスタートする。建設費は30億1千万円。

購読キャンペーン